04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

キャロット【ルージュバック】近況(5/15) 

ルージュバック 美浦・大竹正博厩舎
父マンハッタンカフェ×母ジンジャーパンチ/母父Awesome Again 2012年4月22日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


5/15 大竹厩舎

15日の東京競馬では中団から進めて直線へ。進路を探りながら伸ばす形になり、ジリジリとは伸びてくるが5着まで。
マイルは久々でしたが、いいスタートを切れていいポジションで進められ、流れにも対応してくれました。ただ、直線だけはすんなり反応することができませんでした。今日は相手も強かったのでしょうが、僕が騎乗した印象は1800~2000mならより良さが活かせるように思いました」(ルメール騎手)
体調自体は良かったと思います。ただ、鞍を置くときに震えていて、馬自身がナイーブになっているのではないかという心配な点は感じていました。実際のレースではちょっと溜めが利ききれなかったのかなと感じましたね。勝ち馬の走りを見ていると如何にも脚が溜まっているという感じで、ゴーサインを出してビュンと来るような格好で走れれば理想的なのですが、今日のルージュはそう見えませんでした。そう考えると理想はもう少しだけでも距離はあったほうが持ち味を発揮しやすいのかもしれませんね。直線へ入ったところでちょっとスムーズさを欠く形にはなりましたから、それがスムーズならもうちょっとは前に来ていたかもしれませんが、それで勝負圏内に入っていたわけではないですからね…。今日の競馬であのグループには来ているのですから、さらに上のところに入るにはレベルアップしないといけないと思っています。今後について考えていく前にまずはレース後の心身の状態をよく見てからどうするか検討していければと思います」(大竹師)
左回りとなるこの舞台はオークスの時のイメージがありましたし、何とか巻き返しを見せて欲しいと思っていました。しかし、直線の弾け方は目立たずジリジリとした脚になっていました。外から蓋をされるシーンこそありましたが、それがなくとも勝ち負けまでは至っていなかったのかなとも感じますし、上位馬との差を感じてしまう結果になりました。そこに何とか食い込んでいくためにも心身ともに見直し、力をつけてリベンジできるようになってもらいたいと思っています。今後については状態を見つつ検討していきたいと考えています。



 待望の東京競馬場での出走で期待もさらに膨らみましたが、結果は力負けの5着でした。距離云々はあるかもしれませんが、上位馬との力の差は歴然ですね。
 馬群で怯むこともなかったし、落鉄で痛い思いをしたことで走る気を失ってしまわないかという不安もありましたが、最後まであきらめずに伸びようとする姿勢は見られました。レース内容としては悲観するようなものではなかったと思います。
 出せる力は出しての結果。よく頑張った!今回負けた馬たちに少しでも迫れるように、もっともっと力をつけましょう!体に異常がないかよく見てもらってください。次走を楽しみにしてますよ~。

ルージュバック

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

キャロット【ルージュバック】近況(4/27~5/12) 

ルージュバック 美浦・大竹正博厩舎
父マンハッタンカフェ×母ジンジャーパンチ/母父Awesome Again 2012年4月22日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


4/27 NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン14秒のキャンター調整を取り入れています。今のところ30日に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
「先週半ばに大竹調教師と相談をしたのですが、今回はギリギリではなく2週間前にはトレセンに入れるということになりました。今週末の移動を予定しているのですが、先週の後半に少し速めを行ったところ、落鉄した脚とは反対の右前脚の蹄を少し気にしたんです。内側が敏感になっていたのですぐに装蹄し直して、トレッドミル、軽めの運動で様子を見たところ、歩様は安定しました。その後の様子を見つつ、確認の意味を込めて火曜日に14-14くらいの時計で動かしましたが、調教の動き、そして上りの歩様も大丈夫でしたね。不安がなくなったとは言い切れないのかもしれませんが、体調自体は良く、何とかこのまま無事に送り出したいです。馬体重は472キロです」(天栄担当者)



4/28 NF天栄

「先週末の状態について牧場から報告があったので、競馬のあとすぐに天栄へ見に行ってきました。右の内側にプレッシャーがかかって少し敏感になっていたようですが、装蹄していくらか楽になったようです。ただし、引き続き慎重に経過を見ていく必要があるでしょうし、こちらに入ってからもしっかりとケアをしていきます。今のところ今週末の検疫でトレセンへ入れる予定にしていて、ここ最近の過程より少しスケジュールに余裕を持たせてヴィクトリアマイルへ向かうつもりです。これまで手綱を取ってもらっていた戸崎騎手には他にもお手馬がいることから、今回の鞍上はルメールジョッキーにお願いすることにしました」(大竹師)
状況次第ですが、今のところ30日に美浦トレセンへ帰厩する予定です。その後は、5月15日の東京競馬(ヴィクトリアマイル・牝馬限定・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。



4/30 大竹厩舎

30日に美浦トレセンへ帰厩しました。



5/1 大竹厩舎

15日の東京競馬(ヴィクトリアマイル・牝馬限定・芝1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて23頭の登録があります。



5/5 大竹厩舎

4日は美浦坂路で15-15を行いました(65秒3-47秒0-30秒4-14秒8)。5日は軽めの調整を行いました。
「オークス、中山牝馬Sの時はレースの前の週の火曜日入厩でしたが、万が一修正する必要が出た場合のために数日だけでも余裕のあるスケジュールのほうが対応はしやすいですから、先週末に帰厩しています。前走時の落鉄や帰厩1週前の蹄の不安もありましたし、今回はこのスケジュールで行かせていただくことになりました。実際入ってきてからの印象はというと、まずまずではありますね。不安を強いて挙げるとすればやはり蹄の状態なのでしょうが、今のところは大きな不安を新たに抱えることはないので、保ちながら調整を行えているという状況です。強い追い切りは今のところ週末に行う予定にしていて、週中は坂路へ入り、15-15をじっくりと行ったところです。派手さはないかもしれませんが、落ち着いて走れていましたし、悪くないと思いますよ。この後もしっかりと体調を整えるように調整をして週末、来週と追い切りを行いレースへ向かう準備を進めていきます」(大竹師)
15日の東京競馬(ヴィクトリアマイル・牝馬限定・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。



5/11 大竹厩舎

11日は美浦南Wコースで追い切りました(51秒4-36秒6-12秒8)。
「先週の週半ばは15-15程度に留めましたが、週末には長めからある程度の時計で併せ馬を消化しています。前を走るパートナーを離れた後方から追いかけ、そして追い抜く形になりましが、悪くはない動きでしたよ。今朝は3頭併せで最終追い切りを行っています。先行馬2頭を追いかけて直線で並びかけ、内で粘り込むような内容でしたが、調教の動き、調教後の様子からも、ここまではまずまず思惑に近い形で調整を進めることができたと思います。蹄の状態も保てているので、このまましっかり送り出せればと考えていますが、競馬当日まで気を抜かずに対応していきたいですね。久しぶりのマイル戦になるので上手く流れに乗ってほしいと思います。また、調教の動きを見ていると、右手前で走ってる時のストライドが大きくて良く見えるので、直線で右手前になる左回りの東京コースはプラスになるはずですし、ここでどれだけやれるか楽しみでもあります。もちろんチャレンジャーの立場ですので簡単ではありませんが、今後につながる走りを期待したいですね」(大竹師)
15日の東京競馬(ヴィクトリアマイル・牝馬限定・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。



5/12 大竹厩舎

15日の東京競馬(ヴィクトリアマイル・牝馬限定・芝1600m)にルメール騎手で出走いたします。



 怪我した箇所をかばうと他で痛みが出てくるのはよくあることですが、ルージュバックにもその症状が…。どうなることかと思いましたが、素早く手を打ってもらったおかげで、ひどくなることはなかったようです。
 調教もまずまず動けているようですし、落鉄による怪我はほぼ回復したと思っていいんですよね?^^;
 蹄の状態の他に気がかりと言えば、調教後の馬体重が前走馬体重より1キロしか増えていないこと。11日(木)の計測値なので、そこからどれだけ増減があるかわかりませんが、輸送もあることを考えると前走と同じぐらいか減かな~。まあ、二桁減にならなければそれほど気にする必要もないでしょうかねえ。
 今回は戸崎騎手からルメール騎手へ乗り替わりです。戸崎騎手が悪いとかでは全然なく、流れを変えるという意味では良いチャンスかも。人気も落ちるでしょうし、ルメール騎手には気楽に思い切って乗ってもらいたいですね。
 久しぶりに東京競馬場での出走。東京コースは相性の良い舞台ですし、思う存分力を発揮できるレースをしてもらいたいと思います。後悔のないように。ルージュバック、頑張れ!!

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

キャロット【ルージュバック】近況(3/17~4/19) 

ルージュバック 美浦・大竹正博厩舎
父マンハッタンカフェ×母ジンジャーパンチ/母父Awesome Again 2012年4月22日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


3/17 NF天栄

16日は軽めの調整を行いました。17日にNF天栄へ放牧に出ました。
「先週はいちばん良い結果を出すことができなくて申し訳ありませんでした。どこで落鉄したのかレース後に確認したところ、あと200m付近で鉄が見つかりました。レースVTRを改めて見てもそのあたりからフォームが変わっていましたからね…。レース後上がってきた時に出血していて、鉄唇を1~2度ほど踏んでしまっていたのですぐに治療にあたっていました。レース直後は結構痛がっていたのですが、ある程度圧をかけて血を溜めないでしっかりと出しきるような処置をしていました。その甲斐もあってか回復は悪くなく、今では普通に鉄も打てています。通常ならばもう少しこちらで経過を見ていきたいところなのですが、トレセンは厩舎まわりもダートで、運動するだけでも傷に砂が入ってしまうリスクがあります。そういう馬場コンディションという点では天栄のほうがいいと思いますし、早めに天栄へ放牧に出して現地で経過を観察していく形を採った方がいいだろうと考えています。レースを全力で走り切れなかったためかカイバ食いが落ちることもなく元気な様子を見せていますので、蹄さえ回復してくれれば次の目標へ間に合うのではないかな…と思っていますが、あくまでも今後の状態次第になります」(大竹師)※3月16日分更新を一部訂正し、後述の通り修正させていただきました(釘が刺さる→鉄唇を踏む)。



3/22 NF天栄

トレッドミル調整を行っています。
「レース直後はさすがに心配しましたが、トレセンから牧場へ放牧に出される時には歩様も回復傾向にあったようでした。その後こちらでも慎重に見ていますが、今のところは悪くはないように見えます。しかし、まだ傷口から液が染み出ているようなので、しっかりと回復するまでは無理をしないでトレッドミルなどで運動を行うようにします」(天栄担当者)



3/30 NF天栄

軽めの調整を行っています。
先週まではトレッドミルで脚元の状態を中心に慎重に見ていましたが、運動する分には問題ないことから馬場で軽めに乗り始めています。引き続き無理はしない考えですが、運動後の蹄の状態も悪く見せることはありませんから、適度に動かしながら次のレースへ向けての調整を進めていきたいですね」(天栄担当者)



4/5 NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
蹄に関してはまだ完全に治っているわけではないですし、うまくフォローしながら接していくほかありません。ただ、悪化しているだとか、馬が気にしすぎていて乗れないということはありませんよ。それ以外のコンディションは良くて、先日診てもらった獣医師からも“これまでの中でも一番いいかも”と言ってもらったところです。何とかヴィクトリアマイルを考えられるように持っていければと思っていますが、引き続き慎重に調整をしていきます」(天栄担当者)



4/12 NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
蹄に関してはそう簡単に治るものではないので引き続き慎重に見ていかなければいけませんが、今のところは変わりありません。体調自体は変わらず良好で、コンディションが良いことで肉付きもいいものになっていますし、肌ツヤもまずまずですね。この調子で調整を進めていって、レースへ向けて少しでもいい状態にしておきたいですね」(天栄担当者)



4/19 NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
配慮が必要な蹄に関しては、最初のころは傷口から液がいくらか出ていましたし、押すと痛がる反応もあったものの、今はそういった様子を見せていないんです。蹄鉄も保護する特殊な鉄ではなく普通の鉄を履かせることができていますよ。その蹄の具合だけでなく、体調自体もいいですし、調教を順調に進めることができていると思います」(天栄担当者)



 一番スピードが乗るところで鉄の物体を踏んづけたら、そりゃ痛いに決まってる。傷口から液が染み出てるとか、想像しただけで痛々しい…。一瞬にして完全に外れてしまえば影響は少なかったかもしれませんが、そんな簡単に外れるようなものでも困りますしね…。
 蹄の痛々しさを感じさせる反面、体調は良好とはこれまた何とも^^;
 複雑な心境ではありますが、心身ともにグッタリしているよりは元気な様子を見せてくれることは心強いですね。元気があるのは良いことだ(´ω`*)
 ヴィクトリアマイルに間に合うかどうかは蹄の回復次第だと思いますが、くれぐれも無理だけはしないように、間に合わなければ次を目指すぐらいでいいんじゃないでしょうかね。
 「一番人気はいらないから、一着だけ欲しい」。今さらながらこのセリフ、すごく心に刺さります。心底そう思います。勝たせてあげたい、ただそれだけです。

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

キャロット【ルージュバック】近況(3/1~3/13) 

ルージュバック 美浦・大竹正博厩舎
父マンハッタンカフェ×母ジンジャーパンチ/母父Awesome Again 2012年4月22日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


3/1 大竹厩舎

1日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「ギリギリまでこちらで調整をさせていただき、本日の検疫でトレセンへ送り出しています。オークスのときと同じようなスケジュールになりますが、何とかいいパフォーマンスを発揮して、最良の結果を出してほしいですね」(天栄担当者)



3/2 大竹厩舎

2日は軽めの調整を行いました。
「今回は天栄のほうでギリギリまで調整したいということでしたし、オークスの時のようなスケジュールでレースへ向かうことになりました。中間に天栄へ見に行ってきた時は体がちょっと立派すぎるのではないかと心配していましたが、そのあたりはうまく合ってきたようですね。火曜日に入ってきたのですが、その時点で460キロの馬体重でしたし、重すぎるということはないのかなという気がしています。毛ヅヤなどを含め健康状態は悪くなさそうなので、今日から調整をスタートさせていますよ。おそらくですが、週末にある程度しっかりとやって来週整えるように動かしてみることになるでしょう。それで行けそうと思えれば中山牝馬Sへ向かうようにします」(大竹師)
13日の中山競馬(中山牝馬S・牝馬限定・芝1800m)に戸崎騎手で出走を予定しています。



3/6 大竹厩舎

13日の中山競馬(中山牝馬S・牝馬限定・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて20頭の登録があります。



3/9 大竹厩舎

9日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒0-38秒5-12秒2)。
「短い期間の中での調整ですからやることは限られるのですが、週末にある程度しっかりと動かして、当該週は半マイルの距離で集約させて整えるように動かしたいと考えていました。それで土曜日に長めからしっかりと動かしてあり、その時の動きもその後の様子も問題ないものでした。そして週明けの様子もしっかりと確認して今朝追い切りました。ジョッキーを背にして追い切ることも考えましたが、今回も当該週までこちらでやろうと思い、スタッフを背にして動かしています。3歳馬2頭を前に置いて進め、それらを見ながら進めて直線で仕掛けたところ、しっかりと動いて楽に前を交わしてくれましたね。動きは普通にいいと思いますよ。体調も悪くないですし、この状態を保ってレースへ向かえればと思っています。牝馬同士とは言えハンデ56キロなのでそう簡単ではないでしょうが、この後につながる走りを見せてくれたらと思っています」(大竹師)13日の中山競馬(中山牝馬S・牝馬限定・芝1800m)に戸崎騎手で出走を予定しています。



3/10 大竹厩舎

13日の中山競馬(中山牝馬S・牝馬限定・芝1800m)に戸崎騎手で出走いたします。



3/13 大竹厩舎

13日の中山競馬では道中中団で脚を溜める。勝負どころをいい手応えで上がって行き、直線では一旦は先頭に並びかけたものの、最後は勝ち馬には交わされてしまい2着。
「すみませんでした。枠も外でしたし、出た感じも良かったので中団の位置から進めました。ペースが遅く折り合いに気を遣うところでしたがまったく問題なく、外から来られた時にも我慢が利いて大丈夫でした。操縦性がいい馬でリズムをしっかりとキープして走ることができましたが、勝ち馬も狙ってましたからね。申し訳ありません。レース後の上がりの歩様は気にならなかったものの落鉄していましたし、影響がなければいいのですが…」(戸崎騎手)
どのタイミングで落鉄してしまったかはレース直後の段階ではハッキリしていないのですが、検量室前に戻って来ると左前脚が裸足でしたし、出血もしていました。おそらく外れかけたタイミングで釘を踏んでしまったのでしょうが、ご心配をおかけしてしまい大変申し訳ありません。レースに関してはルージュよりハンデの軽い馬に狙われてしまいましたが、具合も良さそうでしたからキッチリと結果を出したかったです。今後についてはまずは蹄を中心にしっかりと状態を見て、それからどうするか慎重に判断していきます」(大竹師)
直線では勝利を予感できる位置にいましたが、結果的には本馬より軽い斤量の馬の切れ味に泣く形になってしまいました。また、レース直後には落鉄も確認されましたから、まずはその影響がないかしっかりと状態を確認して、必要に応じてケアの期間を設けていきます。



 ん~、惜しかった!戸崎騎手のレース運びは完璧でしたが、あと少しのところで交わされてしまいました。一瞬やったかと思ったんですけど、そう簡単には勝たせてもらえませんね^^;
 最良の結果とはいきませんでしたが、苦手と思われていた急坂で56キロを背負っていたことを考えれば、よく頑張ったと思います。厳しい条件の中で久々に好走できましたからね。
 でも、負けは負けです。勝てなければいろいろ言われるのは仕方ないこと。もう少しで勝ちに手が届きそうなだけに、何とかしてあげたいですね。
 無事にゴールできたものの、心配なのは落鉄による出血。大事にならなければいいんですが…。経過観察、慎重にお願いしますm( _ _ )m
 最良の結果にはなりませんでしたが、現地で応援できて良かったです。落鉄の傷が早く治りますように。ルージュバック、お疲れ様。また次、頑張ろう~。
 
ルージュバック

ルージュバック

ルージュバック

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

キャロット【ルージュバック】近況(1/3~2/23) 

ルージュバック 美浦・大竹正博厩舎
父マンハッタンカフェ×母ジンジャーパンチ/母父Awesome Again 2012年4月22日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


1/3 大竹厩舎

3日は軽めの調整を行いました。
「前走は良い結果を出すことができませんでしたが、上がりタイムを見ていても位置取りは大きかったのかなと思います。そう考えるとあのメンバーの中でもそこまで力の差はないのかなと思えますし、何とか経験を積み力をつけていければと考えています。レース後ですが、ガクッとは来ていませんでした。レース時が458キロ、レース後はいったん448キロになりましたけれど、今では456キロに回復していて、以前ほど競馬のダメージを負うことはなくなってきているのかなと感じています。特にNF空港ですが、牧場スタッフの人たちと抱いてきたこの馬の成長のイメージに段々と近づいてきているのかなとも思えますし、良くなってきているのは確かなはずです。何とかステップアップしていきたいですし、今年こそは飛躍の年にしていきたいとも思っています。近々いったん放牧に出すつもりですが、今後については未定で、放牧先の状態を見ながら判断していきます。ここという明確な目標へ向かっていくということも大事なのでしょうが、力をつけていく必要がある時期でもあると思っていますから、今は決めつけないで馬の様子を見ながらレースを検討していくつもりです」(大竹師)



1/5 NF天栄

4日にNF天栄へ放牧に出ました。



1/13 NF天栄

周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。
「年明けにこちらへ帰ってきています。2走して放牧となったわけですが、極端な疲れを見せているということはなさそうですね。強いて言えばちょっと硬くなっているかなという印象こそありますが、極端に悪いという状態には映りません。今は無理のない程度に乗っているものの、もうしばらくは様子を探りつつ動かしていきます。具体的な目標が決まっているわけではないですし、状態を見つつ大竹調教師とも相談をしていければと思っています」(天栄担当者)



1/20 NF天栄

周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「様子を見ながら乗り込みを進めています。坂路に入る際は時計を出していますが、15-15か、時にはもう少し速いところも織り交ぜつつ動かしています。ただし、疲れが抜け切れていないのか、まだ動きが良い時のものではないように感じます。いくらかバラつきのある走りを見せているので、そのあたりを少しずつでもまとまりのあるものに変えていければと思っています」(天栄担当者)



1/27 NF天栄

周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
じっくり動かしていますが、今回はちょっと力みが目立ちますね。いつも乗っている厩舎スタッフだけでなく、先日自分でも跨ってみたのですが、口が硬くなっているように感じます。これだと距離も持ちにくいのかな、前回走れなかったのも、わからなくもないかな…という感じはしています。何とかいいほうに持っていきたいのですが、現状からもう少し時間をかけていく必要はあるように思います」(天栄担当者)



2/2 NF天栄

周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「現在、NF天栄でケアをしてもらっています。その様子を元にして先日天栄のスタッフとも話をしましたが、上半期の目標をヴィクトリアマイルに置いてやってみようということになりました。あくまでもこのあと順調に行けばということが前提になりますが、春の始動戦は中山牝馬Sを本線に考えていければと思っています」(大竹師)
体調自体が悪いわけではありませんが、気になる部分がないわけではないので、少しでも改善していけるように努めつつ、少しでも走りの質を上げていけるように取り組んでいるところです。そのような中、先日大竹調教師とも相談をして、今の感じならば春はヴィクトリアマイルを目指してみようという話になりました。まだ先の話でもありますし、まずは少しでも良化を図っていけるようにしっかりと調整にあたっていきます。馬体重は465キロです」(天栄担当者)



2/9 NF天栄

周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14秒のキャンター調整を取り入れています。
「目標を中山牝馬Sに置くことになりましたから、そこへ向けてこちらでの調整も進めているところです。まだ良化の余地があり、フォームやリズムをより改善していければという思いはありますが、それでもすこしずつ軌道に乗ってきていますよ。坂路入りする際は14-14前後でしっかりと動かすようにしていますし、何とかいい形で送り出せるようにしていきたいです」(天栄担当者)



2/17 NF天栄

周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間も順調に調整を進めることができています。ここ最近の中では比較的落ち着きもありますし、いい形で中山牝馬Sへ向かって行くことができそうです。この調子で帰厩へ向けて取り組んでいきます」(天栄担当者)



2/23 NF天栄

周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~14秒のキャンター調整を取り入れています。
帰ってきた時は課題も見られ、良化を図るために時間をかけたいという思いでしたが、徐々にいいものになってきていると感じています。大竹調教師にはギリギリまで天栄で調整をさせてほしいとこちらからお願いしていて、中山牝馬Sへ向けて来週までこっちでしっかり動かしていきます」(天栄担当者)



 上半期の目標をヴィクトリアマイルに置いて、始動予定は中山牝馬Sになりました。
 レース後の反動、体調の変動も以前ほど大きくなく、少しずつ体力もついてきたように感じます。もちろんレース後の消耗はあるとしても、ガタッと来ている様子が見られないのは良い傾向じゃないでしょうか。
 この記事をアップする時点では、クラブのHPの出走予定の中にルージュバックの名前は載っていないので、やはり馬の様子次第ということですね。慎重に進めている様子が見てとれます。
 昨年は人馬ともに厳しい挑戦を強いられたと思います。それも周囲の期待の表れのうちですね。結果にはつながらなかったけど、その挑戦は無駄にはならない、今後の糧になると思ってますよ(´ω`*)
 今年ももちろん大きいところを狙って欲しいという期待や希望は捨てません!そのためにも、まずは遠ざかっている勝ち星が欲しいところ。ルージュバック自身にも勝つことで自信をつけるというか、勝つことの気持ち良さを感じさせてあげたいですね。馬はそんなこと感じないとは思いますが^^;

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0