07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

キャロット【ハイアーレート】近況(11/29) 

ハイアーレート 美浦・尾関知人厩舎
父ゼンノロブロイ×母スルーレート/母父フレンチデピュティ 2011年2月1日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


11/29 尾関厩舎

29日の東京競馬ではスタート後に他馬の動向を見て2番手の内から進める。直線に向いて逃げ馬の外から先頭に立ったが、その後は踏ん張ることができず8着。
「まわりの動向を見ながら進めました。前へ行ければ良いかなとは思いましたが、主張する馬がいたので控えたんです。いつもならあそこでガツンと噛んでしまうくらいなのですが、今日はスンナリとおさまったんです。形としては決して悪くはないのでしょうけれど、この馬にしては乗りやす過ぎるんです。ブリンカーの効果は感じられたのですが、この馬らしいエネルギーが物足りなかったので、何か気にしているのでしょうか…。何もなければ良いのですが、なくても長い目で少しずつ良い頃に戻していきたいです。背中の良さはこのクラスにいる馬ではないので、何とかしたいです」(吉田豊騎手)
体つきを見ていただいてもわかったと思いますが、仕上がり自体は良く、装鞍も洋吉先生の時と同様に厩舎装鞍にして落ち着いた状態でレースへ臨めたように思います。レースですが、う~ん…。よく知る豊ジョッキーの話からするにグッと来るところが物足りなかったと言っていましたし、そう考えるとレース前も大人しすぎたのですかね…。ただし、レース後に鼻出血の症状を出すようなことはなかったですし、単純な休み明けと捉えられればいいのかなという気もしています。変な言い方ですが、もし内臓面や精神面が悪くて失速するのならばもっと下がって負けるのではないかという見方もしていたんです。それを際どい8着争いを制してくれたくらい粘りを見せていたわけですから、ほんのちょっとでも闘争心が見られたことはプラスだと思うんです。特に内面ですが負担をかけすぎないようにしながら、少しずつでも好調時に戻していければと考えています。このあとに放牧を挟む挟まないは状態次第で考えますが、たとえ出したとしても競馬の感覚を忘れないうちに走らせてあげて、ちょっとずつ気持ちを戻していきたいです」(尾関師)
実績上位馬でもありますし、体つきを見ても上位争いを期待してしまいましたが、ガツンと来る部分が物足りないまま終わってしまいました。ただし、冷静に見ると10ヶ月ぶりのレースだったわけですから、そのハンデもあったでしょう。もちろんいい頃の走りと比べると物足りないのは間違いありませんが、負担をかけないようにしつつ覇気を取り戻してもらえるように取り組んでいければと思っています。今後についてはあくまでもレース後の状態次第で、ダメージになりそうと思えば少し間を取ったうえで次走へ向かっていければと考えていますが、反動が少なそうであれば続戦することも検討していきます。



 確かに外見はできていたように見えましたが、さすがに10カ月の休養明けでは厳しかったですね…。
 吉田豊騎手からすると手応えに物足りなさを感じたようで、周りから見ているだけではわからない手綱を取り続けてくれてるからこその意見ですね。長い目で見たいと言ってくれてもいるし、ありがたいことです(-人-)
 着順こそ8着ですが、ずるずる下がるわけではなかったし、まだ走る気は失っていないところは見せてくれたと思います。
 休養が長かったですし、ぼちぼち調子を上げて行きましょう。今日は無事にレースに出走、ゴールできて良かった。ハイアーレート、お疲れ様でした。また頑張ろう(´ω`*)

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

キャロット【ハイアーレート】近況(11/26) 

ハイアーレート 美浦・尾関知人厩舎
父ゼンノロブロイ×母スルーレート/母父フレンチデピュティ 2011年2月1日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


11/26 尾関厩舎

25日は軽めの調整を行いました。26日は美浦南Wコースで追い切りました(56秒2-40秒8-13秒4)。
「今週は変則日程なので追い切りは今日行いましたが、レースは日曜日なので大きな心配はいらないでしょう。ただし、全休日明けの水曜日の坂路調教で予定よりちょっと速い時計になってしまったこともあり、最終追い切りはやりすぎないように配慮もしなければいけないと考えていたんです。たまたま組み合わせできる馬がいなかったということもあるのですが、却って丁度いいと思い、単走での追い切りにしました。豊さんに再び跨ってもらってウッドチップコースで単走追いを行ったのですが、舌を少し出していましたがモタれたりするわけではなく、走り自体は悪くなかったと思います。ビッシリやり込んだというわけではないのですが、以前鼻出血の症状を見せた馬でもありますし、トレセンではあまりやりすぎないようにしたいと考えていました。また、その分だけ天栄でしっかり乗り込んでもらっていましたので乗り込み量としては問題ないのではないかと考えています。まずは無事に出走させて今後につなげていきたいですね」(尾関師)
29日の東京競馬(3歳上500万下・ダ1600m)に吉田豊騎手で出走いたします。



 29日は厳しいんじゃないかと思っていましたが、こちらも態勢整ったようで出走確定しました。コメントにもあるように「まずは無事に出走させて」ですね。
 レース内容が良いに越したことはありませんが、鼻血体質でもありますし今回は無事にレースを迎えてゴールすることも重要です。当たり前のようで一番難しいことかもしれませんねぇ^^;
 ずっと乗ってくれてる吉田豊騎手と引き続きコンビを組めるのは心強い。尾関厩舎所属になっての初陣、休養明けですがいい走りをしてもらいたいですね(´ω`*)

 グースベリーとハイアーレート、出資馬2頭が同日の同競馬場で出走。しかもジャパンカップの日^^;
 写真撮りたいけど人が多いだろうし、う~ん、どうしようか…。カメラ装備はあきらめて丸腰で行くかなあ。たまにはのんびり観戦もいいかも(´ω`*)

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

キャロット【ハイアーレート】近況(9/9~11/19) 

ハイアーレート 美浦・尾関知人厩舎
父ゼンノロブロイ×母スルーレート/母父フレンチデピュティ 2011年2月1日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


9/9 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
良い意味で変わりない状況の中で乗り込むことができていると思いますが、しっかり乗れてはいるもののまだピリッとしきれない印象もあり、入厩までにはもう少し時間がほしいかなと思える状態ではありますね。その旨は尾関先生にもお話しさせていただいていますし、10月中くらいにトレセンへ送り出せるように何とか状態を上げていければと考えています」(天栄担当者)


9/15 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
この中間、ちょっと元気が足りないかな、カイバ食いもいくらか細いなと思って見ていたんです。気になったので胃の状態も確認したところ荒れていましたね…。潰瘍の炎症も見られましたし、すぐにケアを行っています。それもあってかここに来て少しずつ状態は上向きに見せるようになっていますよ。おそらく北海道での乗り込みがまだそこまでで、徐々に上げてきているところで少し疲れが出てきたのだと思うんです。そのあたりは段階がありますから致し方ないところですが、しっかりケアをしてさらに状態を上げていこうと思います。調教の動きを見ていると前回よりも走りはいいので、すべてが悪い印象にはなっていませんし、何とか復活させたいですね」(天栄担当者)



9/23 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
継続して乗り込んでいて動きは悪くないのですが、まだいいなと思えるところまでには至っていません。また、コンディションのほうももっと良くなるだろうなという感触がありますし、もうちょっとだけ時間をかけたいという気持ちも持っているんです。内臓面の繊細さとうまく付き合っていかなければいけないと思いますし、そのあたりは尾関調教師とも相談をしつつ、しっかりやっていきます」(天栄担当者)



9/29 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「月曜日には尾関調教師が来場されましたので状態を見てもらいました。調整面もまずまずなのでそろそろ移動を考えてもらっても大丈夫そうですとはお伝えしています。すぐの移動ということはないかもしれませんが、内臓面、精神面のケアをより入念に行いながら態勢を整えていきます」(天栄担当者)



10/7 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「継続して乗り込んでいますよ。大きな不安は抱えていませんし、この馬としては問題なく進められているのかなと感じられます。今後も体調面、そして特に精神面をより良いものにしていって入厩の日を迎えられるようにしていければと考えています。馬体重は513キロです」(天栄担当者)



10/14 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
この中間も引き続きじんわりと乗り込んできています。そろそろ移動となってもいいとは思いますが、まだ絶好調とまでは言えないかなという状況ではあります。それなので、引き続き入念に乗り込みと馬体のケアを行っていければと思っています」(天栄担当者)



10/20 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
周回コースで軽めのキャンターに留める日もありますが、速めを乗る日は坂路でしっかりと動かしていますし、この中間も順調と言えるでしょう。前走から間隔が空いているので、もう少しこちらで乗ってもいいかなとは感じていますが、今後のこの馬の状態、そして検疫の状況などを調教師と話をしながら、よりいいタイミングで送り出せるようにしていきたいですね」(天栄担当者)



10/28 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「そろそろ移動をという気持ちでいるのですが、過去に鼻出血の症状を見せたことがある馬でもありますし、厩舎としても慎重に考えられているようですから、こちらでもじっくり乗り込んで調整をしています。復帰から何とかいい競馬をさせてあげたいですし、体調面はもちろんのこと精神面への配慮もしっかりと行って調整していきます」(天栄担当者)



11/4 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間も体調面により配慮しながら調整にあたるようにしています。順調ではありますが内面はなかなか表面上だけではわかりにくいこともありますからね。だからと言って、頻繁に内視鏡を入れているとそれはそれで負担にもなりますから、そのあたりを考慮しつつじっくり乗っていって下地をよりしっかりとしたものにしていければと考えています。馬体重は517キロです」(天栄担当者)



11/10 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
良い意味で変わりなく来ることができています。内臓面に負担がかかりやすい馬ですし、調教師もより慎重に考えているということでしたから、こちらもその意図を汲んで気を付けながら乗るようにしていますが、今のところ悪い感じはしないですよ。外見上鼻腔から出血が見られたということもなければ、精神的な難しさを表に出すこともあまりなく、良い感じで来ることができていると思うんです。何とかこのまま体調をキープし、より良いコンディションでトレセンへ送り出すことができれば理想的かなと考えています」(天栄担当者)



11/11 尾関厩舎

11日に美浦トレセンへ帰厩しました。
北海道から天栄へ移動した後もより慎重に調整を行ってもらっていました。春は苦しい走りを見せていましたし、内面の負担はより慎重に考えていくに越したことはないと思っていましたので、じっくり見てもらっていたんです。そのなかで悪くない状況を保つことができているという話をもらっていましたし、それならばそろそろ復帰へ向けてトレセンでの調整を始めたいと考えて、このタイミングで帰厩させていただくことにしました。牧場では変わりなく来ましたが、これからはレースに向けてさらに強い負荷を求めていくことになると思います。その中で順調に行くかどうかもまた慎重に見極めていく必要がありますので、具体的なことを決めるまでに少しお時間をいただければ幸いです。この馬には何とか頑張ってもらいたいと期待していますし、よろしくお願いいたします」(尾関師)



11/19 尾関厩舎

18日は軽めの調整を行いました。19日は美浦南Wコースで追い切りました(85秒4-68秒9-53秒5-39秒4-12秒8)。
先週水曜日に入厩して翌日からさっそく動かし出していましたが体調面は問題なく、スムーズに調整を進めることができていました。週末にも時計を出し、今週もそれなりにしっかりとやろうと考えていたんです。豊さんが先日乗った坂路調教で、途中から耳を絞って最後の最後はやや失速気味だったということでした。今日の追い切りも豊さんに跨ってもらったものの、今日は変化をつけてブリンカーを着けてみたんです。坂路ではなくコースではそこまで見せないようなのですが、今日のウッドチップコースでの追い切りはわりと集中してしっかりと走れていたように感じましたし、問題ないのかなと思います。動かしてみた感じを聞いたところ、“トモのクタクタっとした感じは相変わらずですが、全体的には悪くないし、息も悪くない“ということでした。より万全にと思えば中山くらいになるのでしょうが、イメージ的には東京のワンターンのほうがベターかなというのは僕もジョッキーも意見が一致したので、来週動かしてみて問題ないと思えれば来週をメインに考えてみたいと思っています」(尾関師)
早ければ29日の東京競馬(3歳上500万下・ダ1600m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。



 思いの外、休養が長くなってしまいましたが、ようやく復帰が見えてきました。以前は健康優良児なイメージでしたが、尾関厩舎に転厩してからはすっかり病弱繊細キャラになりましたね^^;
 内臓面は乗っただけではわからない部分だと思うので、引き続き慎重に接してもらいたいと思います。
 さすがに29日は厳しいんじゃないかなあ~。さて、どうなりますか。

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

キャロット【ハイアーレート】近況(7/8~9/2) 

ハイアーレート 美浦・尾関知人厩舎
父ゼンノロブロイ×母スルーレート/母父フレンチデピュティ 2011年2月1日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


7/8 NF空港

周回ダートコースでハッキング調整を行っています。
この中間は脚元にショックウェーブをあてて定期のケアを行っています。ペースアップの時期に関してはもう少し馬の成長や状態と相談しながらになるでしょうが、焦らずに良化させていければと考えています。馬体重は528キロです」(空港担当者)



7/22 NF空港

周回ダートコースでハッキング調整を行っています。
「引き続き、状態を見ながらハッキング調整を続けています。この中間も定期のショックウェーブをあてて脚元の良化に努めていますので、今後も馬に合わせてメニューを決めていきたいですね。馬体重は536キロです」(空港担当者)



7/29 NF空港

周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本登坂しています。
この中間から坂路コースでの調整を再開しました。ここまでじっくり取り組んできましたので、焦ることはしませんが、馬に合わせてどんどん良くしていければ理想的と考えています」(空港担当者)



8/5 NF空港

周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本登坂しています。
継続的に坂路コースでの乗り込みをこなしていますが、しっかり対応してくれています。この調子で徐々に馴らしながらペースアップを図っていければと考えています。馬体重は534キロです」(空港担当者)



8/12 NF空港

周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本登坂しています。
「この中間もハロン17秒ペースでしっかり負荷をかけています。この馬なりに順調に乗り込めていますし、引き続き状態を見ながら進めていこうと思います」(空港担当者)



8/17 NF天栄

17日にNF天栄へ向けて移動しました。
坂路入りを開始した後もスムーズに乗り込めていましたので、更なる変わり身を引き出すために環境を変えてみようということになり本日、天栄へ向けて移動しています。まだ入厩を考えていくためには負荷をかけて鍛えていく必要がありますので、今後もしっかり取り組むことで上積みを求めていければと考えています。時間はかかってしまっていますが力のある馬ですし、復帰だけでなく更なる活躍を目指して進めていきたいと思います」(空港担当者)



8/25 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を取り入れています。
「まだ乗り込みは必要そうな状況でこちらで引き継いぐ形で移動してきていますので、さっそく調教をスタートしていますよ。まだ本格的なところをバリバリ乗っていくまでには至っていませんが、坂路にも入ってハロン16~17秒ほどのペースで乗っていますし、様子を見ながら少しずつ進めていきたいですね」(天栄担当者)



9/2 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
先週あたりまではベースを固めていくためにじっくりと動かしていましたが、今週より徐々に強め出しています。負荷をかける時は大体坂路で15-14くらいですね。もうしばらくはしっかりと乗っていきたいと思える状態ですが、攻めすぎて堪えさせても意味がないのでバランスをよく考えつつ調整を進めて尾関師とも具体的な話を詰めていきます。馬体重は522キロです」(天栄担当者)



 満身創痍で放牧に出たハイアーレートですが、坂路入りを機にNF空港から天栄まで戻ってきました。
 一足飛びにレースへ向けてというより、まずはレースに向けての強い調教ができるところまでを目指したいですね。
 復帰に一歩近づきました。コツコツでいいんですよ。少しずつ前に進みましょう~。

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

キャロット【ハイアーレート】近況(4/28~7/1) 

ハイアーレート 美浦・尾関知人厩舎
父ゼンノロブロイ×母スルーレート/母父フレンチデピュティ 2011年2月1日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


4/28 NF天栄

ウォーキングマシン調整を行っています。
「残念ながら先週の競馬を使えずにこちらへ帰ってきました。今後は北海道へ移動する予定ですが、今は体調を整えるようにマシンで軽めに動かしています。鼻血に関しては時間も経っているのでこちらで見られることはありませんが、飛節のほうは確かに気になりますね。前回送り出した時はそこまで気にならなかったので、調教師が言うようにちょっと刺激になったか負担が強くかかってしまったところがあったのかもしれません。今回は脚元もそうですが内臓面のことも考えてしばらくお休みをすると聞いていますし、いい状態で帰ってきてくれたらと思っています」(天栄担当者)



5/1 NF空港

1日にNF空港へ移動しました。



5/7 NF空港

軽めの調整を行っています。
「先週の金曜日にこちらへ到着しています。復帰間近というときだっただけに非常に残念ですし、またいいパフォーマンスができるようにしっかり取り組んでいきたいと考えています。今後についてはもう少し落ち着いてから再度、状態を見て検討していければと思います」(空港担当者)



5/13 NF空港

ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「この中間からウォーキングマシンでの運動を再開しました。しばらくは楽をさせて一旦心身のリセットを図りたいと考えていますので、ゆっくりさせてあげられればと思います。今後も脚元を含めて状態をよく見た上で進めていきます。馬体重は512キロです」(空港担当者)



5/19 NF空港

ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「引き続き、マシン運動で芯からリフレッシュを図っています。しばらくは軽めのメニューで進めようと考えていますし、しっかり対応していきたいと思います。更に上のクラスへ行ける力の持ち主でしょうし、頑張って立て直したいところです」(空港担当者)



5/26 NF空港

周回ダートコースでハッキング調整を行っています。
徐々にリフレッシュを図れてきていましたし、無理に負担がかからない程度の内容で騎乗運動を再開しています。今後のメニューは動かしてみての感じで決めていければと考えていますし、復活に繋がるように進めていきたいですね。馬体重は524キロです」(空港担当者)



6/3 NF空港

周回ダートコースでハッキング調整を行っています。
「引き続き、周回ダートコースで日々ハッキングを行っています。まだ体を馴らすようにじっくり進めている最中ですので、ペースアップにはもうしばらく時間をかけていこうと考えています。更なる成長につながるよう、今後もしっかりと進めて行きます」(空港担当者)



6/10 NF空港

周回ダートコースでハッキング調整を行っています。
「復活へ向けてこの中間もじっくり周回コースでの乗り込みを行うようにしています。帰厩するまでにはまだこれから時間が必要ですが、引き続き馬に合わせて無理のないように進めて行きたいですね。馬体重は528キロです」(空港担当者)



6/16 NF空港

周回ダートコースでハッキング調整を行っています。
「この中間も同様のペースでじっくりと乗り込みを行っています。ここまでスムーズに対応してくれていますし、この期間にしっかり下地の構築を行って更なる成長を促していければベストと考えています。今後も状態を見た上で進めていきたいと思います」(空港担当者)



6/24 NF空港

周回ダートコースでハッキング調整を行っています。
じっくりと進めてきた甲斐もあって、だいぶ飛節の状態がスッキリしてきましたね。まだ上を目指していかなければならない馬ですし、今後も復帰を目指してこの調子で取り組んでいければと考えています。馬体重は524キロです」(空港担当者)



7/1 NF空港

周回ダートコースでハッキング調整を行っています。
「この中間も継続的に周回ダートコースでの乗り込みをこなしています。脚元の状態もだいぶ安定してきていますし、成長具合を見ながら徐々にペースアップを図っていく時期を模索していきたいですね」(空港担当者)



 痛々しさ満載のハイアーレートでしたが、北海道へ移動して騎乗運動が再開できるまでに回復。良かった良かった(´ω`*)
 時間はかかるでしょうけど、悪い所は全部吐き出して、すっきりした状態で復帰してもらいたいと思います。

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。