07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

キャロット【ミラクルルージュ】近況(12/8) 

 ミラクルルージュ、2戦目は6着でした。

ミラクルルージュ 美浦・上原博之厩舎
父メイショウサムソン×母ミラクルレイザー/母父エルコンドルパサー 2010年4月18日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


2012/12/8 上原厩舎

8日の中山競馬ではスタートは速くなかったものの無理なく中団の内々を追走。直線へ向いて追われるとジリジリとは伸びるが6着まで。
「スタートはややゆっくりでしたが、その後は無理なく競馬ができました。一回使った分だけハミの取り方も良くなっていたのでしょうけれど、コントロールは利く範囲内だったと思います。中山だとある程度のところで立ち回った上ですっと動ける脚が求められます。中山がこなせないわけではないけれど、現状の体型と体力的には瞬間的に動けというよりジワジワと勢いをつけていったほうが良さを活かしやすいように感じましたし、現状はもしかすると東京のようなコースのほうがより良いのかもしれませんね」(北村宏騎手)
最初のうちは大丈夫だったのですが、一回競馬を使われてその後も間隔をあけた分の負荷をかけていく必要があったので、そうしていくうちに段々とピリピリはしてきていたんです。我慢してくれるかなと思っていたのですが、最終追い切りを終えて翌日に量ったら440キロを切っていたので競馬当日で前走から思う以上に減るのは覚悟していました。初戦は少しゆとりを持って造っていたので減ること自体は不思議でなかったですが、できれば440キロ台で出したかったので、それより減ったのは考えていたより直前でカイバを遠慮してしまったからなのでしょう。レースは北村が上手くリードしてくれましたが、まだ体が付いていき切れないところが出たような印象でしたね。ゴチャゴチャしやすいコースよりもゆったり運べるほうがベターなのかもしれません。だからと言って中山は使わないということにはしませんが、体も回復させたいですし、ひと息入れたいと考えています」(上原師)
じっくり期間を設けて調整してきましたが、気持ちが入ってきて競馬が近づいてきて繊細な面が目立ってきたようです。ただ、今回の状態でも悪くない競馬ができているように力は上位でしょう。心身ともにいったんリフレッシュさせたいと考えていますので、今のところいったん放牧に出す予定です。



 マイナス14キロを見た時には、びっくりしました。気持ちが入って来た分、カイバ喰いに影響が出ていたようですね。
 レースは馬群の中で窮屈そうにしていましたが、ひるむことなく我慢できていたし、着順こそ落としましたが悲観するような内容ではなかったと思います。
 器用なタイプでは無さそうなので、ひと息入れて、また広いコースで伸び伸び走らせてあげたいですね^^
 背中の感触について北村宏騎手からのコメントは特になし。騎手によって、感じ方が違うのか、一度レースを使って変わったのか…。まだ成長が見込めると思うので、その辺りも楽しみです。

 北村宏騎手、ありがとうございました。ミラクルルージュ、2戦目お疲れ様でした^^

121208ミラクルルージュ

121208ミラクルルージュ

121208ミラクルルージュ

121208ミラクルルージュ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット【グランデアモーレ】近況(12/9)  |  キャロット【グランデアモーレ】近況(12/2&12/6) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。