07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

夏の高校野球千葉大会決勝戦 

友人が快く了解してくれたので、夏の高校野球千葉大会の決勝戦を千葉マリンスタジアムに観に行って来ました。

高校在学中は、学校行事の一環(?)として夏の大会は、野球部の野球応援が定着していたので、いろいろな野球場に足を運びましたが千葉マリンスタジアムまで来ることは残念ながらありませんでした。

そんな経緯もあって、高校野球を観るのはわりと好きなので、この日も「決勝戦なのか?。じゃあ行ってみようか」ということに。

千葉マリンスタジアム

第92回全国高校野球選手権千葉大会決勝1


第92回全国高等学校野球選手権 千葉大会 決勝 2010年7月25日(日) 千葉マリンスタジアム
成田 VS 東海大望洋



第92回全国高校野球選手権千葉大会決勝2


この日も日差しが強く厳しい暑さでしたが、さすが決勝戦だけあって大勢の人が応援にかけつけていました。

入場券


試合前にチラホラと見られた空席も試合開始が近づくにつれて、見る見る人でいっぱいに。開放された2階席、外野席もほぼいっぱい。満席に近い状態になりました。
私たちは日陰になる2階の内野席へ

第92回全国高校野球選手権千葉大会決勝3


ともにノーシードから勝ち上がってきた者同士の戦い
5回までは両者ともに決定的なチャンスを作れず0行進。試合が動いたのは6回裏。成田高校の攻撃。
内野安打で出たランナーを主将の金子選手がタイムリーヒットで返し1点先制。この1点で成田の応援席も一気にヒートアップ
中川投手が東海大望洋打線を7回までノーヒットに抑え、ほぼ完璧なピッチング。
最終的に得点は1点で終わったもの、度々得点に結びつきそうな好機を作り出していたのは成田高校でした。

一方の東海大望洋。攻め込まれながらも長友投手の気迫のこもったピッチング。
打線がつながらず攻撃は今一歩乗り切れず苦しい状況が続きました。その分、好守で盛り上げ!
しかし最後まで決定的なチャンスを作ることができず試合は終了…。

どの競技においても、「1プレー」「1点」「1勝」の重みというのはあるものですね。

号外


≪結果≫ 成田 1?0 東海大望洋

千葉大会は、成田高校の優勝で幕を閉じました。成田高校、優勝おめでとうございます
甲子園でもがんばって下さい!応援してますよ?

準優勝、東海大望洋高校。お疲れ様でした!
長友投手、試合前に爪が割れてしまうというアクシンデントの中、ナイスピッチングでしたよ?。好守で支えた周りの選手のみなさん、ナイスプレーでした


両校の応援も観戦の楽しみのひとつでしたが、やはりテレビで見るのと迫力が違いますね?
「紅」「ルパン3世」等々、なじみのある曲も多く演奏されていました。こういうのも代々受け継がれるものなんでしょうかねえ。懐かしかったです。


炎天下の中、選手の皆さん、関係者、応援団の方々、お疲れ様でした
選手たちががんばれるのも周りの方の協力・支えがあってこそですね。
あっという間の2時間。いい試合を観させてもらいました!


全力でプレーする姿、試合後の勝者の歓喜、敗者の泣き崩れる姿…。泣き崩れる姿には、こちらもグッとくるものが…。
最近、自分は何かを全力でやり遂げたことがあっただろうか?と考えさせられました(^-^;


やはり生観戦というのは感動です。とてもいい経験になりました。暑い中、観戦を快く了解してくれた友人にも感謝感謝!ありがとう?(^人^)
う?む。今度は甲子園に行ってみたいかも


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: ギャンブル

[edit]

« キャロット【フレアスター】近況(10/7/28)  |  キャロット【ルーシエン】近況(10/7/26) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://airdejavu.blog63.fc2.com/tb.php/393-de7cb01b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。