03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

キャロット【グースベリー】近況(9/3) 

グースベリー 美浦・大竹正博厩舎
父ワークフォース×母ラズベリータイム/母父フジキセキ 2013年3月22日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


9/3 大竹厩舎

3日の新潟競馬では五分のスタートを切り内でリズムを整えることに重きを置きながら進める。直線へ向いて間を突くような形で伸ばそうとするがジリジリとした脚で9着。
「返し馬で頭を上げてコントロールの難しさを見せていましたけれど、事前に聞いていましたし、把握したうえでレースへ向かえました。囲まれるとちょっと気にして力んでしまうところがあって、今日も実際内に張るようなところを見せていましたね…。これが外枠だったら違ったはずです。馬場の傾向も外差しの利くものになってきていますし、外でのびのびと走ることができていれば走りのリズムも違ったはずですからね。モタれは極端ではなかったですが、今日が初めての騎乗なだけに右回りに関してはなんとも言えません。言っても始まりませんが一回使ってからの今回であればまただろうと思えるだけに歯がゆいですね。力になれず申し訳ありません」(大野騎手)
「馬体重は美浦とほぼ変わらないものでしたし、悪くはない状態でレースへ向かえたのかなと思いました。言っても休み明けになりますから無理矢理に出して行って息切れさせるのは良くないとも思いましたし、揉まれ弱いところがありますがハナを切ろうとせず、じわっと進めてもらうように話をしました。実際のところ気を遣ったところはありましたが、何とか我慢はしていました。直線で入るスペースは僅かにあったものの入りきれませんでしたし、そうしている間にまわりの勢いが勝っていて及びませんでした…。着差はそこまでないだけに歯がゆくもあり悩ましくもあります。ここは何とかしたかっただけに結果を出せず申し訳ありません。このあとについては状態を見て検討させてください」(大竹師)
脚部不安明けの今回でしたがコンディションは悪くなく狙い通りに調整を進めることができました。あとは如何にリズム良く運ぶことができるかどうかでしたけれど、内枠からのスタートだったこともあってか無理に出したり引いたりはしていませんが、他馬をいくらか気にした走りにはなっていました。力みという点では許容範囲内に収まってくれたかに思えましたが、直線では前がオープンでなかったこともあってか伸びそうで伸びきれない走りになってしまいました。左回りの舞台での未勝利戦は今回が最後だっただけに何とか1発で決めてもらえればと望みをかけていたのですが、悔しい結果となってしまいました。今後につきましてはレース後の状態を確認したうえでどうしていくか判断していきます。



 これが最後のチャンスになるかもしれないレースでしたが、結果は9着。ベストと言うにはちょっと悔いが残る内容になってしまいました。できれば揉まれない位置で進められればチャンスはより大きくなるかもと思っていましたが、ガチ揉まれ。内枠だったし、思い切って行かせた方が良かったような…と思うのは素人考えなんでしょうか?^^;
 もう少し経験を積むことができれば良さを引き出すこともできるかもしれませんが、時間はもうありません。今後、どんな判断がくだるのかを待つのみとなりました。
 う~ん…。やはり勝負の世界は厳しいですねえ…。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット15年産1次募集申込み  |  キャロット【グースベリー】近況(8/9~9/1) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret