09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

キャロット【グースベリー】近況(8/9~9/1) 

グースベリー 美浦・大竹正博厩舎
父ワークフォース×母ラズベリータイム/母父フジキセキ 2013年3月22日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


8/9 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「良い意味で安定はしていますので、徐々に帰厩へ向けてピッチを上げてきています。ある程度こちらでつくっていければという思いもありますが、前走から間も空いていますし、通常よりも少し早めに入れるというプランもあってもいいように思います。師もその考えをお持ちのようなので、こちらでできる限りのケアと調教をしっかりと積み重ねていき、移動の声がかかったらスムーズに送り出せるように対応していきます」(天栄担当者)



8/16 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「間が空いていますが、こちらの環境である程度の態勢を整えてトレセンへ送り出せるように、この中間の調教もしっかりと行うようにしています。それで13-13くらいのところも取り入れながら入念に乗り込んでいますよ。今のところ脚元の状態もまずまずですし、体調のほうも良い意味で安定しています。今週中に入れたいという連絡も厩舎からもらっていますから、あとは体調面をしっかり整えて引き継げるようにしていきます」(天栄担当者)



8/18 大竹厩舎

18日に美浦トレセンへ帰厩しました。
放牧に出した時の脚元の不安はだいぶ癒えていて、ここ最近はしっかりと調教も積めていました。天栄スタッフには左回りである新潟の最後の週あたりを目標するので乗り進めておいてほしいと話をしていて、このタイミングで帰厩することにしました。こちらでもしっかりと状態を確認しながらさっそく明日より乗っていきます」(大竹師)



8/24 大竹厩舎

24日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒2-53秒1-39秒2-12秒9)。
「先週入厩させていただいてさっそく動かし出していますが、脚元などは安定していますし、悪くないように映ります。ただ、気になるのは馬体重でしょうか。数字だけではないので表面上の増減でどうこう言うのは違うと思いますが、今回はちょっと立派かなというのはありますね。それは牧場で見て把握はしていましたが、現在も510キロほどあり、ちょっと厚みも感じさせる状態です。カイバをコントロールするのは中身が伴わなくなってしまいますから、運動をしっかりと行うことで少しでもフィットさせられるようにと意識して調整を行っています。今朝の動き自体は悪くないもののまだ良化の余地がある状態なので、引き続き体調管理に気をつけつつしっかりと動かしていきたいと思っています。口向きの兼ね合いからやはり左回りを狙いたいですから、来週の競馬を目指していきます。本線は芝の1600mに置いていますが、天候や相手関係などを見てほかへ移るか、そのまま行くか判断するつもりでいます」(大竹師)
今のところ9月3日の新潟競馬(3歳未勝利・芝1600m)に丸田騎手で出走を予定しています。



8/31 大竹厩舎

31日は美浦南Wコースで追い切りました(51秒5-36秒7-12秒7)。
この中間も体調を崩すようなことはなく順調に調整を行えています。体のほうはいくらか絞れて今週で507キロ。前走からプラス19キロですが、前走が前々走より10キロ減っていたので、実質プラス10キロもない状況ではありますね。ちょっと厚みはありますから適度に動かして少しでも状態を上げられるように調整をしていたわけですが、今朝の追い切りの動きを見るとまずまずと思えるものでした。ウッドチップコースで併せて追い切ったものの、今週の競馬へ向かう分には問題ないと思います。ただ、問題はジョッキーでした。この馬の癖もわかっていて手もあっている丸田が騎乗停止で乗れなくなってしまったんですよね…。丸山は札幌で乗れませんから誰にしようか迷ったのですが、最終的に大野にお願いをすることにしました。ポジションが大事な馬ですが、それは絶対前とかそういうことよりも、馬添いに少し難しさがある馬なので揉まれないポジションを取れるかどうかということが大事になるのかなと思うんです。極端な話、手綱をぷらんとさせてもいいからできるだけストレスが少ない状況下で走らせてスムーズに進み、この馬の良さを活かすことができればと思うんです。過去の傾向から右回りより左回りがベターと思われますし、ここが最後のチャンスと言っても過言ではないので、何とか良い結果を出してくれればと思っています」(大竹師)
9月3日の新潟競馬(3歳未勝利・芝1600m)に大野騎手で出走を予定しています。



9/1 大竹厩舎

3日の新潟競馬(3歳未勝利・芝1600m)に大野騎手で出走いたします。



 太め残りとわかっていても、脚元を気にしながらの調整ではどうしても絞り切れません。レースに向けてビッシリ追ってもらいたいところですが歯がゆいですねえ。
 前に行くのがいいのか後ろからがいいのか、それも定まらないまま手さぐり状態で「最後のチャンスと言っても過言ではない」この時期を迎えてしまいました。さらに予定していた丸田騎手が騎乗停止…。替わりに大野騎手が手綱をとってくれることになりました。私はあっと言わせてくれそうで良い人選だと思いましたよ~。大野騎手、どうかひとつよろしくお願いします(-人-)
 厳しい状況とわかっていても「もしかしたら」という期待は、やはり捨てられません。これが最後にならないように、ベストなレースをしてもらいたいですね。グースベリー、頑張れ~!!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット【グースベリー】近況(9/3)  |  キャロット【ルージュバック】近況(6/15~8/9) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。