10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

キャロット【サーブルオール】近況(6/26~7/2) 

サーブルオール 美浦・萩原清厩舎
父ハービンジャー×母モンローブロンド/母父アドマイヤベガ 2013年3月14日生
※近況記事及び写真はキャロットクラブ様より許可を得て転載しています


6/26 函館競馬場

7月2日の函館競馬(洞爺湖特別・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて14頭の登録があります。



6/30 函館競馬場

29日は函館Wコースで追い切りました(56秒1-40秒8-12秒3)。30日は軽めの調整を行いました。
「先週いっぱい、そして週明けの様子も問題ないということだったので、今週の競馬へ向けて昨日追い切りを行いました。昨日はジョッキーの田中博康に手伝ってもらったのですが、終い重点でじわっと伸ばしてくれて動きもまずまずで、変わりなく来ているということでしたから予定通り行きます。あとはいくら滞在とは言え中1週で再び競馬へ向かうわけですから、如何に落ち着いて臨めるかでしょう。それに馬の気性的に、距離延長がひとつの課題にもなるでしょうからね。馬体重は少し減っていて476キロほどです。この中間もこのくらいで推移していて一時的に減っているということではなさそうなので、影響は少ないと思います。前回は池添ジョッキーに乗ってもらいましたが、他場で乗っているということなので、今回は柴山ジョッキーで行きます」(萩原師)
7月2日の函館競馬(洞爺湖特別・芝2000m)に柴山騎手で出走いたします。



7/2 函館競馬場

2日の函館競馬ではまずまずのスタートからかかり気味に2番手を追走。勝ち馬にはちぎられるものの内で踏ん張っていた逃げ馬はきっちり交わして2着。
最後まで持たせることができるか不安になるほどスタートから2コーナーくらいまでハミをがっちり噛んでいましたが、向こう正面に入ってからは壁がない状況にも関わらず、よく辛抱してくれました。そのような道中でしたから、4コーナーでは相手の感じからも3着馬を交わせないかなと思いましたが、追うとギアが上がって2着はキープしてくれました。このあたりがこの馬の能力の高さなんだと思います。折り合いを考えるともう少し短めの距離のほうがいいとは思いますが、小回りなどの条件が合わされば今後も対応は可能でしょう」(柴山騎手)
かなりハミを噛んでいましたがジョッキーがうまくなだめて、まずまずいい形で道中を運んでくれましたね。あの強い勝ち馬を負かすためにはもっと早くからエンジンを吹かしていく必要があったかと思いますが、それはあくまでも今回だけを考えた話。先を見据えた場合、そのような強引な競馬を強いることは現状のサーブルにとってマイナス的な要素も多分にあるでしょうし、そういった意味でも理想的なリードでした。血統的にはマイル寄りに適性はあるでしょうが、前回、そして今回の走りっぷりから、今、敢えてそこに合わせていく必要はないんじゃないかなとも思っています。まだまだ若い馬ですし、うまく成長させてあげることでより幅のある走りができる競走馬へと育てていきたいですね。レース直後は問題ありませんでしたが、少し経ってから様子を見ると鼻血が滲むように出ていました。函館で間隔を詰めて2回使ったこともありますし、何よりそういった症状を見せていますので、今後のためにもここでひと息入れてあげたいと思います」(萩原師)
前回から距離が1ハロン延長されたことを考えると前半の力みは大きな不安要素でしたが、ジョッキーがなだめてくれたことで最小限のロスで済み、勝ち馬には遅れを取ったものの、余裕のある形で2着を確保してくれました。新馬勝ちを収めた距離ではありましたが、古馬1000万クラスのこの距離で内容のある走りを見せてくれたことで今後の展望はだいぶ拓けたと言えるのではないでしょうか。レース後に鼻血が見られたこともあり、ケアを行うためにもこのあとはひと息入れる予定です。



 柴山騎手もうまくエスコートしてくれたし、サーブルオール自身の力は出し切れたと思いますが、相手が強過ぎました。完敗です^^;
 折り合いを欠くことを恐れて無理やり抑え込んで後ろからは避けてもらいたかったので、かかり気味ながらも前目につけた時はヨシヨシと思ったんですけど…。
 この2戦を見ても、今後力をつけて行けば上でもそこそこやって行ける手応えはあったんじゃないでしょうか。まだ体がしっかりしきれてない上でこの結果なら上々。
 距離に関しては頭を悩ませそうなところですが、先が楽しみになりました(´ω`*)
 ただ、レース後に鼻血ぶぅ発覚…。「鼻出血による出走制限」により平成28年8月2日まで出走できない(JRAホームページより)とのこと。これは心配です。重い馬場を走ったダメージもあるだろうし、体調の変化には要注意ですね。
 サーブルオール、悪天候の中お疲れ様でした。鼻出血の症状が軽いものでありますように(-人-)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« ◆第33回エプソムカップ(GIII)  |  キャロット【キスミーダーリン】近況(4/28~6/30) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。