04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

キャロット【ハイアーレート】近況(4/27~6/22) 

ハイアーレート 美浦・尾関知人厩舎
父ゼンノロブロイ×母スルーレート/母父フレンチデピュティ 2011年2月1日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


4/27 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「様子を見ながらじわじわと進めるようにしていますが、変わりなくここまで来ています。火曜日には坂路でハロン15秒くらいのペースで動かしていますよ。まだ探りながらですが、何とかいい状態に持っていけるように徐々に負荷を高めて乗っていきたいと考えています。馬体重は510キロです」(天栄担当者)



5/4 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「引き続き体調面、内臓面、精神面の変化を慎重に確認しながらじっくりと乗り込んでいます。現時点では可もなく不可もなくという感じですが、何とかベースアップを図って少しでも巻き返しが可能になるような状態に持っていきたいです」(天栄担当者)



5/11 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
こちらでの調教はわりと問題なく行えていますし、内臓面の不安を表に出すこともありません。ただし、まだピリッとしきれていない印象がありますし、もう少し時間はほしいかなと思う状況なんです。次こそは何とかしないといけないという思いでいますし、できる限り勝負できるレベルに持っていって送り出せるようにしていきたいと考えています」(天栄担当者)



5/17 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「少しずつじわじわと進めています。コンディション的にはまずまずかなとは思いますが、動きを見ると物足りなく映る状況でもあります。尾関師は可能ならば6~7月に競馬へ向けて段取りを組みたいということでしたし、それまでに何とか少しでもいい状態に持っていけるようにしたいです」(天栄担当者)



5/24 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間も良い意味で変わりなく乗っていますよ。まだ心身ともに頼りなくは見せますが、順調には乗れていますし、何とか雰囲気を良くして競馬でも巻き返しが可能になるようにしたいです」(天栄担当者)



5/31 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
物凄くいい動きとまではいかないのですが、本数をそれなりに重ねてきて、徐々に態勢は整いつつあるかなという印象です。ただ、内臓面が弱い馬ですし、調整をするにあたって慎重にならざるを得ないところもありますので、今後については尾関師ともよく話をしながら決めていければと思っています」(天栄担当者)



6/4 尾関厩舎

3日に美浦トレセンへ帰厩しました。



6/9 尾関厩舎

8日は軽めの調整を行いました。9日は美浦南Wコースで追い切りました(84秒9-68秒6-53秒0-39秒0-12秒6)。
正直、この馬の現状はいいものではありませんし、今度こそは何としても良い結果を出さないといけないと思っています。それなのである程度いいと思える状態になってきたら競馬へ向かっていこうと考えていたので、少し時間をいただいて立て直していました。天栄のスタッフさんと話をして徐々に良くなりつつあるということでしたので、先週入れさせていただきました。そこから少しずつ動かし出していて、今週は今朝追い切りました。角馬場でじっくりと乗り込んだうえでウッドチップコースへ入り、単走で動かしました。雨が降る中で多少馬場もタフになっていたと思うのですが、気分よく走ることができていて、見た目は良かったですね。乗り手の感触もここ最近と比べると良いと言うことでしたし、天栄でうまく立て直せたのかなという印象ですね。今日の動きがもうひとつならば本数を重ねていって仕上げていく必要もありましたが、今日の様子ならばあと1~2週で競馬を考えられるかなとも思っています。今考えているプランとして第一は地方交流戦です。今週末締め切りの交流戦がいくつかあるので、状況を見て登録するかもしれません。交流戦でなければ東京を考えていくつもりでいます」(尾関師)



6/12 尾関厩舎

22日の船橋競馬(ファンシーサドル特別・ダ1800m)に登録し、選出されました。なお、出走する場合は吉田豊騎手で予定しています。



6/15 尾関厩舎

15日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒9-39秒3-13秒0)。
「先週の追い切りが上々の動きを見せてくれたものでしたし、あの良いイメージでこの後の調整も進めていければと思っていたんです。週末にも程よく時計を出してから今朝再び追い切りを行ったんです。先週は単走で動かしましたが、今回は併せる形での追い切りを行いました。先行して相手が来るのを待つようにしてじわっと動かしていきましたが、まずまずでしたでしょうか。多少気負いもあったのか先週のほうがより良いかなと思えましたが、悪くはなかったと思います。もし相手関係が楽で、より魅力的と思えれば東京での出走も考えたいと思っているのですが、今の時点では選ばれた船橋のほうを優先的に考えていこうかなと思っています」(尾関師)
今のところ22日の船橋競馬(ファンシーサドル特別・ダ1800m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。



6/20 尾関厩舎

22日の船橋競馬(ファンシーサドル特別・ダ1800m)に吉田豊騎手で出走いたします。



6/22 尾関厩舎

22日の船橋競馬では好スタートを切ると楽に2番手につける。流れを見ながら進めて、勝負どころと見るや早めに先頭に立つと、迫る後続に影を踏ませず押し切り優勝
「ありがとうございました。馬のポテンシャルを考えるとここにいることが複雑な気持ちでしたし、まともであれば力は上と思っていました。力を出せるかが大きなポイントになるわけで、何とかこの馬らしい走りを見せて欲しいと思っていました。これまでは馬自ら走るのを止めるような感じでしたから走ってみないとわからないところもあったのですが、今日は跨って馬場入りし、返し馬に行った時の感触が良くて、もしかしたらこれは良いかもと思えたんです。スタートしてからも勢いがあってあの位置を取ることができましたし、良いときの唸るような走りに近い行きっぷりを見せてくれました。思ったほど速く流れ過ぎず、あとは捲ってくる馬がどうかだけだと思っていたのですが、後続が上がってきたときに馬自らがグッとハミを取ってくれました。良くないときはこの反応が乏しかったので、これならと思えましたね。この馬のことはずっと気になっていましたから、勝てて本当に本当に嬉しいです」(吉田豊騎手)
「ありがとうございました。ここまで悩ましい状況が続いていましたので、半信半疑な部分もありましたが、何とか格好をつけて欲しいと思っていました。この馬の良いときの走りを振り返るため、まるで自分が乗るかのように新潟のレースを何度も見直していました。あのときはメンコをつけていなくて耳をしきりに動かしてキョロキョロしていたんです。ただ、あれはもしかしたら何らかのサインというか、この馬のリズムで走れるものかもしれないとも思って今回はメンコを外してみました。うるささをなだめて集中できるようにと思って使っていたのですが、外してみたのも良かったんですかね。上がってくるときの息遣いもこれまでより良かったと豊さんも言っていましたし、内臓面の弱さがあるこの馬にとっては悪くないことかなと思います。もちろん、時間が経って見せることもありますからしばらく時間をかけて様子をみようと思います。今はとにかくホッとしたという気持ちが強く、ここまで会員の皆さんにお待たせしてしまって申し訳ないと思っています。まだまだ頑張って欲しいですが、今後も大事に使いながらまた良い走りをお見せできればと思っています。ありがとうございました」(尾関師)
長い長いトンネルからなかなか抜け出せずにいましたが、約1年9ヶ月ぶりの勝利の味は500万下クラスの地方交流戦とは言え格別です。正直諦めそうになることもありましたが、決して根をあげず何とか復活させようと接してくださった尾関厩舎の皆さん、吉田豊騎手、NF天栄スタッフの方々のおかげです。そして、遅い時間にも関わらずご声援を送っていただいた皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。復調気配を感じさせてくれる走りを見せてくれましたし、これからも良い走りを見せて欲しいと願っています。勝ちはしましたが過去に鼻出血を発症したことがある馬ですから、今後も適度に間隔を取りながら使っていければと考えています。このあとについては今のところ放牧を予定していますが、まずは時間をかけて状態を確認していきます。



 ハイアーレート、約1年9か月ぶりの嬉しい勝利!よく立ち直ってくれましたねぇ(´ω`*)
 この結果に関しては、ハイアーレート自身の頑張りはもちろんのこと、尾関厩舎の再起にかける執念と努力の賜物です。身心共にボロボロの状態から、よくぞここまで立て直してくれました。本当にありがとうございました!
 吉田豊騎手も気にかけてくれていたようですし、ルージュバックの戸崎騎手にしても、気にかけてくれる騎手がいるというのは嬉しいこと。
 ハイアーレートもようやく長いトンネルを抜けました。体を大事にしつつこれからも頑張ってもらいたいですね(´ω`*)
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット【キスミーダーリン】近況(4/28~6/30)  |  キャロット【サーブルオール】近況(4/27~6/22) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。