03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

キャロット【サーブルオール】近況(4/27~6/22) 

サーブルオール 美浦・萩原清厩舎
父ハービンジャー×母モンローブロンド/母父アドマイヤベガ 2013年3月14日生
※近況記事及び写真はキャロットクラブ様より許可を得て転載しています


4/27 NF天栄

周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「帰ってきた最初のうちは乗らずに回復に専念していましたが、脚元などは変わりないので少しずつ乗り出して、今週は坂路で無理なくサッと動かしています。春の目標に掲げていたマイルCへの出走が叶わず悔しい限りですが、先々で良くなってくれると期待している馬ですし、この悔しさを晴らせるようにこちらでもしっかりとやっていきたいと思います。馬体重は486キロです」(天栄担当者)



5/4 NF天栄

軽めの調整を行っています。
「少しずつ動かしていって夏競馬へ向かっていければと思っていたのですが、この中間に前脚にソエの症状が見られ、ちょっとチクチクしているようなんです。治療して楽になってくれればそう大勢に影響はないかと思いますが、多少なりとも疲れがあるということなのかもしれませんし、馬に合わせて慎重にやっていきます」(天栄担当者)



5/11 NF天栄

軽めの調整を行っています。
先週はソエの症状が見られたことから少し楽をさせた期間もありますが、無理をしなかったことがいいリフレッシュになったようで、週末から軽めに乗っていますよ。昨日は周回で軽めの乗り運動を取り入れたものの、その後の歩様などもいい意味で変わりはありませんでした。今後進めて行く中で再度気にするようなら無理はさせませんが、現状ではケアと並行しつつ適度に動かしていく考えです」(天栄担当者)



5/17 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先々週末から軽めに乗り出し、その後は徐々に慣らすように動かしていました。今朝は坂路に入り15-15くらいでサッと動かしました。動き自体は悪くないかなと思いますが、この後の様子がどうかということがポイントになってくるでしょう。ソエっぽいところがある脚元の状態ですし、慎重に見極めつつ今後のことを考えていければと思っています」(天栄担当者)



5/24 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「乗り出してからの歩様は変わりありませんし、順調かなという状況です。まだ探りながらの調整ではありますが、今朝は坂路に入れてちょっと速いところを課しました。このあと問題なく行けるのであれば、様子を見ながら萩原調教師と具体的な相談をしていきます」(天栄担当者)



5/31 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
脚元、そして体調面の不安が出てくることはありませんでしから、今朝は速いところを取り入れました。体調自体は悪くないと思うのですが、今朝は500万下クラスの馬に遅れを取るような動きを見せていました。相手が動いたということもあるのでしょうが、現状だとまだビュッとは来れないということなのでしょうね。その動きだけでなく、これまでの競馬を見ていても、洋芝のほうがより合うだろうなと思えることから、萩原調教師に函館案を提案させていただきました。精神的にも滞在で競馬へ向かえるのは悪くないと思えますし、夏頑張ってもらってまたひとつ成長を見せてほしいですね」(天栄担当者)



6/4 函館競馬場

4日に函館競馬場へ帰厩しました。



6/8 函館競馬場

8日は函館Wコースで追い切りました(53秒8-39秒2-12秒8)。
「本質的にはまだこれからという馬でもありますし、地道に力をつけていければという狙いもあって牧場と相談した結果、福島ではなく函館の滞在競馬を選択することになりました。それで、先週末に直接函館競馬場へ入れさせていただいています。前走から極端に間が空いているわけでもないですし、そこまで緩めすぎないで調整をされていたこともありますからコンディションは良い意味で変わっていません。強いて気になる点を挙げるとすれば、右トモに良化の余地を感じるなと思わせることなのですが、そのあたりは上手に付き合い、しっかりケアをしながら調整をしていこうと考えています。あとは体重ですかね。見た目の印象は正直そこまで悪くはないとのことなのですが、量ると見た目と異なり少し減っているようなんです。これが見た目も細くて数字も少ないとなると心配になりますが、体つきは悪くないのでしっかりと調整をしていってより良いと思える状態に持っていくようにしたいと考えています。調教のほうですが、今朝ウッドチップコースで半マイルから時計を出しました。乗っていた人間の感触としては悪くなかったようですし、動きもまずまずとのこと。心肺機能もしっかりと高めていけるようにじっくり動かしていくつもりですが、このまま問題なく調整していければさっそく来週からレースを考えていきたいと思っています」(萩原師)
19日の函館競馬(北斗特別・芝1800m)に出走を予定しています。



6/12 函館競馬場

19日の函館競馬(北斗特別・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて18頭の登録があります。



6/16 函館競馬場

15日は函館Wコースで追い切りました(57秒5-41秒4-12秒4)。16日は軽めの調整を行いました。
「先週半ばに時計を出して、その後は週末にも長めから時計を出すようにしていました。コンスタントに乗ってきましたし、最終調整の意味合いで当該週の追い切りはビッシリというよりもじっくり動かして整えるようにしたんです。水曜日は私も現地入りして見てきたのですが、半マイル重点で動かしたところしっかりとしていましたよ。また、先週スタッフから報告を受けていたトモの感じも含めて悪くない格好に見えましたし、まずまずなのではないでしょうか。今回はハンデ戦とは言え、初めての古馬とのレースになりますし、力の比較が難しいところですから、やはりまずは落ち着いて自分の力を発揮してほしいですね。今のところこの馬としては落ち着きもありますが、レース当日の雰囲気を察して装鞍所や、下見所、馬場入りと如何に落ち着きを保つことができるかがポイントでしょう。鞍上は池添ジョッキーにお願いしましたので、好リードを期待しています」(萩原師)
19日の函館競馬(北斗特別・芝1800m)に池添騎手で出走いたします。



6/19 函館競馬場

19日の函館競馬では五分のスタートからすんなりポジションを確保し、2番手で競馬を進める。好位のまま直線へ向かうが、勝ち馬を捉えることはできず2着。
「最後はあそこまで迫っただけにしっかり勝ち切りたかったですね。あと一歩というところだったので悔しい限りです。本当に申し訳ありませんでした。かかるタイプと聞いていたので、用心していましたが2番手に付くとハミが抜けてリズム良く運ぶことができました。道中も後ろに人気の馬がいたので意識していましたが、勝ち馬に粘られてしまいました。まだ体には緩さもありますし、これからもっと良くなると思うので、次こそはチャンスを活かしたいですね」(池添騎手)
返し馬ではかかる面を見せたものの、レースではきっちり折り合って競馬を運ぶことができました。あとは直線で抜け出すだけでしたが、勝った馬はしぶとく交わし切ることはできませんでした。先を見越して勝利を手にしておきたいレースではありましたが、改めて力を感じさせるレースだったと思います。今後については状態を見た上で判断していきます。



6/22 函館競馬場

22日は軽めの調整を行いました。
先週は内容自体が悪かったということはなかったでしょうし、距離が延びても上手に対応して走ってくれました。あとは結果だけでしたね…。勝ちたかっただけに残念です。競馬の時は臨場できなかったのですが、レース後の状態確認をしたいと思って今日函館に入って確認してきました。状態は、思っていた以上に悪くなさそうですね。もちろんこのあと時間が経って疲れを見せる可能性もあるのでもう少し様子を見てから決めたいと思っているのですが、もしこのまま大丈夫であれば中1週で行くことも視野に入れています。距離はさらに延びるわけですが、1600mから1800mに変わっても対応できましたし、この流れでもうひとハロン延びたところでも対応できないかという願いも込めて、ここへ向かうことをメインに考えています」(萩原師)
状態次第で変更する可能性もありますが、今のところ7月2日の函館競馬(洞爺湖特別・芝2000m)に出走を予定しています。



 NF天栄を経て函館競馬場へ。天栄時にはソエを指摘されましたが、函館に移動してからはソエついて触れられることはなく、替わって右トモの頼りなさを指摘されました^^;
 まだしっかりしきれていない面はあるものの、レース当日は心配されていた体重減はなく、きっちり増やしてきました。
 レースは、気性のコントロールも効いて直線では前を走る1頭を捕らえるだけ…というところまで行きましたが、最後まで捕らえきれず惜しい2着。捕まえられると思ったんですけど、勝ち馬が思った以上に粘り強かったですね。背後には断然1番人気の武豊騎手が控えているとなれば、後ろをより警戒しなければならなかったでしょうしこれは仕方ない^^;
 テン乗りでしたが池添騎手はうまく乗ってくれましたね。
 負けはしましたが、今後に目処がつくレースをしてくれたと思います。ルージュバックに続きサーブルオールもよく頑張りました(´ω`*)
 次は馬の体調次第ではありますが、7月2日洞爺湖特別(函館、芝2000m)を予定。
 萩原調教師は短距離向きと考えているようですが、今のところは意外と距離もこなしている様子。さて、次走は如何に?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット【ハイアーレート】近況(4/27~6/22)  |  キャロット【ルージュバック】近況(5/18~6/12) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret