04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

キャロット【ルージュバック】近況(5/18~6/12) 

ルージュバック 美浦・大竹正博厩舎
父マンハッタンカフェ×母ジンジャーパンチ/母父Awesome Again 2012年4月22日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


5/18 NF天栄

18日にNF天栄へ放牧に出ました。
「先週はいちばん良い結果を出すことができずに申し訳ありませんでした。レース前は馬の精神面の繊細さを感じていたので心配したのですが、体が一気に減るようなことはなかったので耐えられていたのでしょうし、それだけが影響したということではないのかなとは感じています。今後は、上の馬たちに向かっていくにはまず何よりルージュに自信をつけさせてあげたいという気持ちがあります。夏になると賞金も半分になりますし、まずは力をつけていくことを優先させたいなと思っているんです。レース後の状態を見るとそこまで傷んだ様子はなかったですね。気持ちの切り替えのために一度放牧には出しましたが、もし問題なく行けるのならばエプソムカップあたりを目標のひとつに据えて考えていくのがいいかなと思っているところです」(大竹師)



5/24 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によって坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「レース後こちらに帰ってきました。厩舎からそこまで大きなダメージはなかったと聞いていましたが、こちらでも問題はなく、むしろ元気な様子を見せてくれていますよ。中間より乗り出し、今朝は坂路で14-14くらいでサッと動かしているくらい順調ですね。この後も馬の様子を見ながら動かしていきますが、大丈夫そうならば大竹師と相談して今後のことを決めることになると思います」(天栄担当者)



5/31 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によって坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「今回はダメージが大きくなかったと言ってもそれなりに回復を図りたかったので、エプソムカップへ向かうとしてもできる限りこちらでのケアを含めた調整期間に充てたいというお願いをしていました。今のところ順調に来ていて、馬の様子も悪くないですし、この中間もそれなりにしっかりと動かしてありますよ。なかなか思うような結果を残せていないような現状ですが、何とか復調させたい馬ですし、そうなってほしいと願っています」(天栄担当者)



6/1 大竹厩舎

1日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「前走後の様子を確認していても大きな問題はないようでしたので、それならば東京のエプソムカップを目標にしていけるだろうと考えていました。今週より火曜日検疫がなくなり、トレセンの検疫自体が少なくなってしまうのですが、いちばん早い水曜日の検疫を確保して入れさせていただきました。厩舎に入ってきた時の様子は悪くないように思えましたし、馬体重は458キロ。このあとの馬の雰囲気やコンディションをよく確認しつつじっくり動かしていって、状態に合わせて週末、来週とピッチを上げていきます」(大竹師)
今のところ12日の東京競馬(エプソムC・芝1800m)に出走を予定しています。



6/5 大竹厩舎

12日の東京競馬(エプソムC・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて19頭の登録があります。



6/9 大竹厩舎

8日は軽めの調整を行いました。9日は美浦南Wコースで追い切りました(51秒2-36秒8-12秒4)。
「ここ最近は短い調整期間でもレースの前の週の火曜日に入厩させていただいていましたが、先週からその火曜日検疫がなくなったので、スケジュールのすべてが一日後ろにスライドする形になりました。これまで土曜日に時計を出して水曜日に最終追い切りを行って競馬へ向かうというパターンが多かったものの、一日スライドしたことで今回は日曜日と木曜日に追い切るようにしました。週末の動きだけでなく、今週の動きも良かったですよ。今日は3頭で組んだのですが、1頭離れた前に置いて、目の前にもう1頭。まず目の前の馬と併せていってその馬を直線で交わし、その後に前にいる馬を目標にさらに伸ばすという2段構えで終いを動かすようにしたんです。これまでも悪かったわけではないのですが、やはり目標がいると走りが違いますね。コンディションもまずまずで、調整の中で小さな変化をつけつつ動かして体の無駄な脂肪を取るようにつくっています。期間が短いのでやれることに限りはあるのですが、それでも思惑に近い状態にはなってきていると思いますし、何とかいい走りを見せてほしいですね」(大竹師)
12日の東京競馬(エプソムC・芝1800m)に戸崎騎手で出走いたします。



6/12 大竹厩舎

12日の東京競馬ではスタート後は周りの動向を見るようにじっくり進める。中団でリズムを作りながら勝負どころへ向かい直線で追い出すと素晴らしい伸びを見せて優勝
G1を勝った時のように嬉しいです。この馬にはずっと乗せていただいていたのになかなか良い結果を出せていなかったですからね。思うところもありましたから本当に嬉しいです。大外枠からのスタートでしたが、難しいところがあるわけではないので深く考えすぎないようにしながら臨みました。道中はちょうどよく目の前に人気馬がいましたし、その馬を目標にしながら進めることができました。力みと言いますか、ハミにくる感じは多少なりともあったものの、そこまで気になるものでもなかったですね。手応えは良かったですし、具合はここ最近乗せていただいていた中でも特に良かったように思えました。直線は見ていただいた通りで、大丈夫と思えましたね。この馬とG1を獲りたいという気持ちは強いですから、今後もいい競馬をしたいです。ありがとうございました」(戸崎騎手)
「おめでとうございました。そして、ありがとうございました。ここまでなかなか思うような結果にならなかったですし、いろいろと思うところもありました。それは僕だけではなくて関係する人たちのほとんどにいろんな想いもあったでしょう。流れが噛み合い切れていないところもあったのかなとも思うので、この勝利でまた良い形、良い流れでレースへ向かっていけるのかなと思います。前走はちょっと忙しかったですが、今回はその分もあってか道中は走りやすかったのかなとも思えました。また、体も意図したもので行けましたから、それで結果を出せてホッとしています。賞金加算ができたということも今後において大きいでしょうし、さらに良い結果を出せるようにしていきたいです。暑さがあったとはいえ発汗の多さなどは気になるところですので、精神面、体調面等をよく確認しながら今後について考えていきます」(大竹師)
前回の勝利からだいぶ間が空いてしまいましたが、待望の勝利が待っていてくれました。これも陣営が悩みながらも諦めずルージュバックのことを信じて仕上げてくれたことに尽きるでしょう。ここで満足していて良い馬ではないでしょうが、何かモヤモヤしたものが取れたような感じもしますし、ひとまずホッとしました。そして、またやっていけると思える結果を出してくれて素直に嬉しいです。今後についてはゆっくりと考えていければと思いますが、秋にまた大舞台で勝負できるようになって欲しいですし、楽しみにしたいと思っています。



 ルージュバック、エプソムC(GIII)勝利!!きさらぎ賞以来の勝利、4勝目はエプソムCでした。長かったなぁ…。
 少ない時間ながらも調整を工夫してくれた大竹厩舎。ルージュバックをよくわかってくれている戸崎騎手が乗ってくれたこと。天候も味方してくれたこと。斤量が軽かったこと。馬自身の調子が良かったこと。その他いろいろ。何かひとつが欠けても勝ちは無かったでしょう。確かに恵まれた面も多かったと思いますが、素直に嬉しいですね(´ω`*)
 重賞で1番人気に応えて勝つなんて、そうそう体験できるものじゃありません。「勝って当然」なんて簡単なものじゃないけど、そう思われてるというのも悪い気はしまんけどね。フフフッ。
 戸崎騎手、前走はリズムを変えるために乗り替わりでも…とか思ってしまってすみませんでした。事情はいろいろあると思いますが、今後も乗れる時はできるだけ乗ってください!
 大竹厩舎の皆様、ありがとうございました。一番ほっとしたのは厩舎関係者じゃないでしょうかねえ。

 久々にルージュバックらしい伸び伸びとした豪快な走りが見られました。いや~。感無量です…。ルージュバックには本当に感謝感謝です。今回もよく頑張ってくれました。ルージュバック、お疲れ様!また豪快な走りが見られるのを楽しみにしてますよ(´ω`*)

ルージュバック

ルージュバック

ルージュバック

ルージュバック

ルージュバック

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« キャロット【サーブルオール】近況(4/27~6/22)  |  ◆外ブン回し »

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/06/15 09:45 * edit *

Re: タイトルなし

>2016/06/15 09:45の鍵コメさん
お祝いのお言葉、ありがとうございます!!
なかなか結果が出ずもどかしい時期が続きましたが、これまでのモヤモヤが吹き飛ぶような快走でした^^
写真についても、鍵コメさんからそのようなお言葉をいただきありがたいです^^
この瞬間のために撮り続けているのに、いざその時が来るとあたふたしてしまって(汗)
叫ぶか撮るかどっちかにしないとダメですね^^;
大舞台になればなるほど冷静さ欠きまくりになるので、その時は鍵コメさんのお写真を頼りにしたいと思います。
またタイミングが合うことがあれば、撮影よろしくお願いします!

おぺらはうす #- | URL | 2016/06/16 21:37 * edit *

コメントの投稿

Secret