03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

キャロット【ルージュバック】近況(3/17~4/19) 

ルージュバック 美浦・大竹正博厩舎
父マンハッタンカフェ×母ジンジャーパンチ/母父Awesome Again 2012年4月22日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


3/17 NF天栄

16日は軽めの調整を行いました。17日にNF天栄へ放牧に出ました。
「先週はいちばん良い結果を出すことができなくて申し訳ありませんでした。どこで落鉄したのかレース後に確認したところ、あと200m付近で鉄が見つかりました。レースVTRを改めて見てもそのあたりからフォームが変わっていましたからね…。レース後上がってきた時に出血していて、鉄唇を1~2度ほど踏んでしまっていたのですぐに治療にあたっていました。レース直後は結構痛がっていたのですが、ある程度圧をかけて血を溜めないでしっかりと出しきるような処置をしていました。その甲斐もあってか回復は悪くなく、今では普通に鉄も打てています。通常ならばもう少しこちらで経過を見ていきたいところなのですが、トレセンは厩舎まわりもダートで、運動するだけでも傷に砂が入ってしまうリスクがあります。そういう馬場コンディションという点では天栄のほうがいいと思いますし、早めに天栄へ放牧に出して現地で経過を観察していく形を採った方がいいだろうと考えています。レースを全力で走り切れなかったためかカイバ食いが落ちることもなく元気な様子を見せていますので、蹄さえ回復してくれれば次の目標へ間に合うのではないかな…と思っていますが、あくまでも今後の状態次第になります」(大竹師)※3月16日分更新を一部訂正し、後述の通り修正させていただきました(釘が刺さる→鉄唇を踏む)。



3/22 NF天栄

トレッドミル調整を行っています。
「レース直後はさすがに心配しましたが、トレセンから牧場へ放牧に出される時には歩様も回復傾向にあったようでした。その後こちらでも慎重に見ていますが、今のところは悪くはないように見えます。しかし、まだ傷口から液が染み出ているようなので、しっかりと回復するまでは無理をしないでトレッドミルなどで運動を行うようにします」(天栄担当者)



3/30 NF天栄

軽めの調整を行っています。
先週まではトレッドミルで脚元の状態を中心に慎重に見ていましたが、運動する分には問題ないことから馬場で軽めに乗り始めています。引き続き無理はしない考えですが、運動後の蹄の状態も悪く見せることはありませんから、適度に動かしながら次のレースへ向けての調整を進めていきたいですね」(天栄担当者)



4/5 NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
蹄に関してはまだ完全に治っているわけではないですし、うまくフォローしながら接していくほかありません。ただ、悪化しているだとか、馬が気にしすぎていて乗れないということはありませんよ。それ以外のコンディションは良くて、先日診てもらった獣医師からも“これまでの中でも一番いいかも”と言ってもらったところです。何とかヴィクトリアマイルを考えられるように持っていければと思っていますが、引き続き慎重に調整をしていきます」(天栄担当者)



4/12 NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
蹄に関してはそう簡単に治るものではないので引き続き慎重に見ていかなければいけませんが、今のところは変わりありません。体調自体は変わらず良好で、コンディションが良いことで肉付きもいいものになっていますし、肌ツヤもまずまずですね。この調子で調整を進めていって、レースへ向けて少しでもいい状態にしておきたいですね」(天栄担当者)



4/19 NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
配慮が必要な蹄に関しては、最初のころは傷口から液がいくらか出ていましたし、押すと痛がる反応もあったものの、今はそういった様子を見せていないんです。蹄鉄も保護する特殊な鉄ではなく普通の鉄を履かせることができていますよ。その蹄の具合だけでなく、体調自体もいいですし、調教を順調に進めることができていると思います」(天栄担当者)



 一番スピードが乗るところで鉄の物体を踏んづけたら、そりゃ痛いに決まってる。傷口から液が染み出てるとか、想像しただけで痛々しい…。一瞬にして完全に外れてしまえば影響は少なかったかもしれませんが、そんな簡単に外れるようなものでも困りますしね…。
 蹄の痛々しさを感じさせる反面、体調は良好とはこれまた何とも^^;
 複雑な心境ではありますが、心身ともにグッタリしているよりは元気な様子を見せてくれることは心強いですね。元気があるのは良いことだ(´ω`*)
 ヴィクトリアマイルに間に合うかどうかは蹄の回復次第だと思いますが、くれぐれも無理だけはしないように、間に合わなければ次を目指すぐらいでいいんじゃないでしょうかね。
 「一番人気はいらないから、一着だけ欲しい」。今さらながらこのセリフ、すごく心に刺さります。心底そう思います。勝たせてあげたい、ただそれだけです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« ◆追い比べ  |  キャロット【サーブルオール】近況(3/9~4/19) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret