07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

キャロット【ハイアーレート】近況(3/1~4/19) 

ハイアーレート 美浦・尾関知人厩舎
父ゼンノロブロイ×母スルーレート/母父フレンチデピュティ 2011年2月1日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


3/1 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「しっかりと動かしてきていますが、良い意味で変わりありません。もう少ししっかりとしてくれたらより理想的とは思いますが、調教をスムーズに、またコンスタントに行えているという点では充実していると言ってもいいでしょう。この流れのまま一度競馬を考えてもらえればと言う思いも持っていて尾関調教師に話を振っていますが、今後の状態を元に具体的なことを改めて詰めていければと思っています」(天栄担当者)



3/4 尾関厩舎

4日に美浦トレセンへ帰厩しました。



3/10 尾関厩舎

9日は軽めの調整を行いました。10日は美浦坂路で追い切りました(54秒6-39秒2-25秒6-13秒0)。
「今回は去勢明けでもありますし、様子を探りながらではありますが、今のところ良い意味で大きな変化はなく調整は順調に進められています。今日追い切りをかけたのですが、坂路で、パートナーに先行する形で行いました。前々を無理なく進み、最後にパートナーが迫ってきた時に体を並べていければという形だったのですが、ちょっとだけ交わされましたね。騎乗者の手は少し動いていましたけれど、上がってきて話を聞くと馬自身が止めようとしているということはなかったようですね。実際のところ、体がまだ少し重くてそれでモタモタしてしまったことから促す必要があっただけなので、追いながらそのあたりを改善していければと思います。レースを決めるまでには至っていませんが、来週やってみた感じでうまく上がってきてくれるならば、再来週あたりの競馬を本線に考えていくかもしれません」(尾関師)



3/17 尾関厩舎

16日は軽めの調整を行いました。17日は美浦南Dコースで追い切りました(68秒2-53秒5-39秒4-12秒6)。
今回は去勢明けということもありますし、イメージを少しでも変えられるように調整にあたっているのですが、今日はブリンカーを着けないで併せ馬を行うようにしました。レッドファルクス(古馬オープン)との併せるためにダートコースで追い切りをさせていただいたのですが、ハイアーレートが先行しながら外から並びかけてくるパートナーを待ちました。手応えは十分で、相手が来るのを見ながら動かしていく余裕がありましたね。動きは悪くなかったように思います。競馬での着用の有無はもう少し検討してからとは思っていますけれど、調整自体はここまで順調ですから、これならば来週あたりの競馬を考えていけるはずです。変化という点では競馬の条件も一回変えて、芝も視野に入れてみようかと思っています。2歳の時に走っているのですが、少し重めの馬場ならいいのではないかと思いますし、来週まで開催されている中京競馬をここで試してみるつもりです。距離もマイルくらいをメインにして検討しています」(尾関師)
今のところ26日の中京競馬(刈谷特別・芝1600m)に出走を予定しています。



3/21 尾関厩舎

26日の中京競馬(刈谷特別・芝1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて31頭の登録があります。



3/23 尾関厩舎

23日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒9-51秒2-37秒6-12秒5)。
先週オープン馬との併せ馬の感じが良かったですし、このまま行ければ楽しみだなと思っていました。今週は変則日程でしたが土曜日の輸送競馬なのでうまく調整をして昨日乗れるようにし、今朝の追い切りを行ったんです。相手は同じく中京を予定しているサクラゴスペルで、ハイアーレートが先行して、ゴスペルが後ろから外を回ってくる形を採りました。あまり速くなりすぎないようにしていたのですが、気持ちも入っていて前半から少し速めになりましたね。直線は相手に併せるだけのもので無理をしないようにと伝えてあったんです。というのも、実は日曜日の調教後に少し鼻から血が滲んでいました。以前ほどの量ではなかったのですが、気にはなったので無理はさせませんでした。ただ、今日も追い切り後の手入れも終えて馬房で休んでいたタイミングで、またいくらか滲み出ていました。さすがに、これは良くないと考えて、今週は見送らせていただくことにしました。動きは先週も今週も良かったですし、中京の馬場なら使ってみたいと思っていた芝のレースも今回視野に入れていたものですから、非常に残念であるとともに、ご心配をおかけして皆様に申し訳ない気持ちでいます。できる治療には限りがあるのですが、少しでも血管を修復できるよう、そして呼吸器系のケアをできる吸入をするなどして対処してみます。強い負荷をかけると再発する可能性も大きくなってきますから、今のいい状態を維持した中で使えそうな1~2週延ばしで出走を検討できないかどうかを模索していくつもりです。もちろん、そのなかで無理しないほうがいいと思える状況になれば改めて相談をさせてください」(尾関師)
26日の中京競馬(刈谷特別・芝1600m)への出走は見送り、今後は状況を見ながら判断していきます。



3/31 尾関厩舎

30日は軽めの調整を行いました。31日は美浦坂路で追い切りました(55秒9-40秒9-27秒1-13秒6)。
先週の追い切り後から慎重に様子を見て必要なケアもしっかりと行っていますが、今のところは安定していて、再度不安がぶり返してくるようなことはありません。先週お話しさせていただいたように今のいいかなと思える体調をキープしていくようなイメージでいますから、今週はビッシリと追い切ることはしないで、坂路に入れて無理なくサッと動かしてコンディションを整えるようにしました。時計的には55-40ほどでした。楽なペースでもあるので行きっぷり、手応えには余裕がありましたし、楽に動けていましたよ。あとは不安が出ないかどうかですが、調教直後も厩舎に戻ってからも大丈夫ではありました。先週は手入れをしてカイバをつけて馬房で横になるくらいのタイミングで症状が見られましたので、時間が経って変わることもあるでしょうし、引き続きよく確認しておきます。もし、ちょっと時間を置いたほうが良さそうだなと思えればすぐの競馬はやめて仕切り直しも含めて相談をさせていただくかもしれませんが、間を空ける分、改めて負荷もかけていかなければいけないというリスクもありますから、可能ならば来週あたりの競馬を考えるつもりです。今のところは福島なのでダートの1700mを本線に考えていますが、少しでも魅力的なところを狙うという考えもあるので、場合によっては芝の番組を含め特別登録をさせていただくかもしれません」(尾関師)
状況次第ですが、4月9日の福島競馬(飯盛山特別・芝1800m)や10日の福島競馬(花見山特別・ダ1700m)に特別登録する可能性もあります。



4/3 尾関厩舎

9日の福島競馬(飯盛山特別・芝1800m)と10日の福島競馬(花見山特別・ダ1700m)に特別登録を行いました。飯盛山特別はフルゲート16頭のところ本馬を含めて31頭、花見山特別はフルゲート15頭のところ本馬を含めて36頭の登録があります。



4/6 尾関厩舎

6日は美浦南Wコースで追い切りました(55秒3-40秒0-12秒9)。
先週の追い切り後、しばらくの間は慎重に様子を見ながら鼻血が出ないか確認していましたが、問題はなかったのでそのまま競馬へ向けて調整を続けています。最短で今週の競馬を考えようと思いましたので、芝にもダートにも特別登録をさせていただき、今朝追い切りました。やりすぎて負担をかけてしまうことは避けなければいけませんし、先週同様に状態をキープするようなイメージで動かすように指示しています。先週はそれでも若干速くなっていたのですが、今週は輸送もありますからスタッフにはより気をつけて臨んでもらいました。その結果、今日はほぼほぼ予定通りの時計で立ち回れましたし、動きも悪くなかったと思います。今日も追い切り後、厩舎に戻って洗い場での手入れ中、そしてすべてが終わって馬房で休むタイミングまでよく見ていましたが、症状が出ることはありませんでしたね。多かれ少なかれ内面で出血している馬はいるのですが、外に出てくるまでの出血を繰り返すとさすがに馬にとっては苦しいです。それなので、何とか今の状態を維持してレースへ臨み、レースでも影響を受けることなく走ってくれたらと思っています。能力的にはクラス上位でしょうし、今後つなげていくためにも何とかしなければいけません。今回は複数のレースを見させてもらって相手関係、そして乗り役さんのことなども考えて、いちばんハイアーレートにとって魅力的かなと思えるところへ向かわせていただければと思っています」(尾関師)



4/7 尾関厩舎

7日は軽めの調整を行いました。
昨日の午後、そして今日の様子も問題ありませんでした。それで、どこのレースにするか昨日からずっと悩んでクラブと相談しながら検討したのですが、相手関係云々も大事ではあるものの、ここ一連の流れから条件を変えての走りを見たい会員さんもいるでしょうし、変わり身を求めるため芝に挑戦することにしました。もちろんすべての方々がそう思っているというわけではないでしょうけれど、変化を求めて芝を試すなら、速い上がりを求められがちな東京や新潟より、デビュー戦で結果を出している福島開催の方がいいと思います。鞍上は限られた中で考えることになったわけですが、ちょっと我の強い馬です。知っている吉田豊なら何の心配もないものの、彼は中山での騎乗で乗ることができません。そのため、今回は馬のことをよく考えてしっかりと乗ってくれる中谷雄太ジョッキーにお願いすることにしました」(尾関師)
9日の福島競馬(飯盛山特別・芝1800m)に中谷騎手で出走いたします。



4/9 尾関厩舎

9日の福島競馬ではスタートから積極的に出して行って先頭に立つ。粘り込みを図ったが、早めに競りかけられたこともあって、最後は手応えがなくなり16着。
積極的な競馬で持ち味を引き出そうとしました。ダートから芝に来た馬ですし、もう少し楽に逃がしてくれるかと思ったんです。ただ、それなりのペースで行っているにも関わらず、早めに競りかけられてしまって…。苦しい格好になったからか、急激に手応えがなくなってしまいました。個の強い馬のようで気を抜かせないように気をつけたのですが、やめてしまっているような感じでした。もしまた乗せていただける機会があるのならば、違った形で行ってみてどうかという思いを持ちました。せっかく声をかけていただいたのに申し訳ありません」(中谷騎手)
条件替わりによる変わり身に期待をしましたが、外から被せられると自分から走ることを止めてしまっている様子でした。芝・ダートといった条件云々よりもやはり気持ちの面が影響していそうです。中谷ジョッキーも背中の良さを口にしていましたし、現級上位の馬であるはずなのですが、歯がゆい限りです。レースから検量室前に上がってきたときには鼻出血の症状を見せていませんでしたが、時間が経ってから違う場合もあります。また、そこだけでなくレース後の状態をよく見た上で今後のことについて決めていきます。



4/13 NF天栄

13日にNF天栄へ放牧に出ました。
「先週は思うような結果を出すことができなくて申し訳ありませんでした。メンバーを見るとあまり前へ行きそうな馬が見当たらなかったこともあって、中谷ジョッキーとは行けるなら行ってみようという話をしていたんです。実際スタートはまずまず切れたのですが、こちらが考えていた以上に勢いに乗るのに力を使ってしまったかなとも見ていました。それにプレッシャーもかかっていましたからね…。甘くはありませんでした。前半から頑張ったことと、早めに競りかけられたことから馬が自ら走るのをやめてしまっているような内容でした。止まり方から鼻出血を心配したのですが、レース直後も厩舎の馬房に戻ってからも問題なく、症状を見せることはありませんでした。ただし、内面では多少なりとも炎症はあるでしょう。念のためにトレセンに帰ってきてから今日までの様子を見ていましたけれど、外見上の馬体の傷みはそこまでないように感じました。疲れが出るくらい走り切ってくれないと困るところでもあるのですが、ダメージが少なそうなことは今後を考える上では悪いことでもないはずです。メンタル面が一番影響していると思うのでいったんリセットさせるために放牧には出そうと思いますが、もちろん内臓面の不安がないかも改めて探ってもらいたいと思っています。万が一、ちょっと厳しいかもとなれば考え直さなければいけませんが、放牧先で不安が出ないようならば、ケアも含めてしっかりと調整をしてもらい、また競馬を考えていければと思っています」(尾関師)



4/19 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
鼻出血持ちの馬ですが、こちらに帰ってきてからの様子は問題なさそうですので、少しずつ動かし出しているところです。現在は周回コースに入り軽めのキャンターを行っています。今後もリフレッシュに重きを置いて、無理のないように少しずつ乗り進めていければと考えています」(天栄担当者)



 鼻血による出走見送りを経て去勢休養明けの復帰戦。変わり身を求めて芝へ矛先を変えてみましたが、結果は16着。期待していた変わり身は見られませんでした。まあ休養明けに鼻血持ちとなれば、いきなりエンジン全開というわけには行きませんね^^;
 鼻血は今後も注意して様子を見てもらうしかないとして、気がかりなのは自ら走るのをやめてしまっているということ。去勢してからまだ一戦しかしていないし、去勢の効果がどんなものかよくわかっていないので、何とも言えませんが…。今後去勢の効果による「やる気」のようなものが出てくるのを願うばかり(-人-)
 いつかまた早めに先頭に立って押し切るハイアーレートの姿が見たいですねえ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット【グースベリー】近況(3/30~4/19)  |  ◆見極める »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。