05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

キャロット【ルージュバック】近況(11/18~12/27) 

ルージュバック 美浦・大竹正博厩舎
父マンハッタンカフェ×母ジンジャーパンチ/母父Awesome Again 2012年4月22日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


11/18 大竹厩舎

18日は軽めの調整を行いました。
「先週は良い結果を出して皆さんの声援に応えたかったのですが申し訳ありませんでした。負けはしましたけれどやはり力はあると再確認できましたし、今後も良い競馬ができるようにしていきたいと思っています。レース前は競馬の後どうするかいくつかのプランを考えていましたけれど、そのまま京都競馬場に泊まって火曜日にこちらへ帰すことにしたんです。春に比べれば体調がいいので大丈夫だろうと思っていましたけれど、消耗した後にすぐ輸送させて熱発させたくなかったですから、そうしました。また今週から東名高速道路の集中工事がはじまり、その影響を危惧していたのですが、中央道を通るルートでだいたい予定通りの時間で無事に美浦トレセンへ到着してます。多少カイバの食いに変化はあったものの体温は安定していて、輸送のダメージはそこまでなさそうに思えます。現時点では今後どうするかは決めていません。より慎重に見ていくに越したことはないでしょうし、今週いっぱいは少なくてもこのまま手元に置いて確認していって、そのうえでつぎの目標をどのあたりに置こうか考えていきます」(大竹師)



11/19 大竹厩舎

19日は軽めの調整を行いました。
「昨日に引き続き様子を見ていますが、変わりはないですね。今のままならば有馬記念を視野に入れてもいいと考えています。もちろん気になることがあれば無理はしませんし、よく確認して最終的に決めていきます」(大竹師)
今のところ12月27日の中山競馬(有馬記念・芝2500m)を目標にしています。



11/26 大竹厩舎

25日、26日は軽めの調整を行いました。
「この中間も変わりないですね。時間が経って疲れも出てくるかなと思っていましたが、今のところその不安が大きくなって来ることはありません。素振りを見ていてもむしろ元気いっぱいですし、体調面、精神面ともにいいのかなとは感じていますよ。ただし、まだまだこれからの馬です。このまま行ければ有馬記念へ向かうつもりで考えていますが、あくまでも順調であればということになりますし、今後もしっかりと見極めていきます」(大竹師)
今のところ12月27日の中山競馬(有馬記念・芝2500m)を目標に調整をしています。



12/2 大竹厩舎

2日は美浦南Wコースでキャンター調整を行っています。
「この中間も良い意味で変わりありませんね。一度使って気配も上向いていて、体の張りも良いものになっていると思いますよ。先週末に牧場の獣医さんにも馬体を確認してもらったのですが、トモあたりが以前よりも良くなっていると言ってもらえましたよ。このあと進めていって不安に思えることが出てくれば無理はしないという方針は変わらず持っていますが、基本的にはこのまま行ければ有馬記念へ向かうつもりです。この馬は人気があるのだろうなと思っていたところ、第1回中間発表の票数が思ったほど集まっていなかったのでちょっと寂しかったですが、このあと票数を集めて上位にランクインするくらいの支持をもらって、良い雰囲気の中で臨めるようになれば最高ですね」(大竹師)
今のところ27日の中山競馬(有馬記念・芝2500m)に出走を予定しています。



12/9 大竹厩舎

9日は美浦南Wコースで追い切りました(81秒5-66秒4-51秒4-37秒8-13秒0)。
「前走後は在厩で調整をさせてもらっていますが、京都遠征の疲れを見せるようなことはなく、ここまで順調に調整を進めることができていますよ。エリザベス女王杯のあと、1~2週は元気すぎるほどで尻っ跳ねをして見せるくらいでしたが、ここのところはいい意味でその時よりも落ち着いていて、いい傾向と言えるでしょう。直近の馬体重は458キロとほど良く余裕もありますからね。競馬まではまだ少し時間があるので今後の調整も重要になります。引き続き気を引き締めて取り組んでいきたいですね」(大竹師)
27日の中山競馬(有馬記念・芝2500m)に戸崎騎手で出走を予定しています。



12/13 大竹厩舎

27日の中山競馬(有馬記念・芝2500m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて20頭の登録があります。



12/17 大竹厩舎

16日は美浦南Wコースで追い切りました(82秒8-67秒2-51秒7-37秒4-12秒8)。17日は軽めの調整を行っています。
「これと言った不安はなく順調に調整を進めることができていますよ。先週のテーマは全体的な時計をまとめて息をつくるというか、レースへ向かえる状態に戻すというものでしたが、今週のテーマは上がり3ハロンに集約して終いをしっかり伸ばすというものでした。思惑通りに昨日の調教は行えていて、動きも良かったと思いますよ。反応すべきところを馬がわかっている走りで、なおかつもう一段ギアがあるような感じ。だからといって容易に全開にさせるのではなく、人からの指示を待てる状態にもできています。目一杯に動かしていなくてもラスト1ハロンを12秒台でまとめてくるので、悪くはないでしょう。ある程度負荷を求めたわけですが、それでもその後のカイバ食いも悪くないですし、馬体重は昨日時点で457キロでした。精神的にも良いレベルで安定していますし、良かったと思いますよ。あとは来週それなりに動かし、しっかりと体調を整えて本番に臨むだけですね」(大竹師)
27日の中山競馬(有馬記念・芝2500m)に戸崎騎手で出走を予定しています。



12/23 大竹厩舎

23日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒7-38秒0-12秒4)。
「ここ3週にわたってテーマを掲げて追い切りを課してきましたが、今週は終いの1ハロンに集約して動かすようにしました。より最後の切れを意識させる内容のものにしたわけですが、スタートはいつも通り向こう正面の3コーナー付近から入ってふた周りで動かして最後のひとハロンを伸ばしました。ギリギリまで前に目標のある形で終いをしっかり動かしたかったので、馬のタイプ的に4コーナーからの立ち上がりの速い今日のパートナーはより理想的で、直線へ向いた時にはスッと離されたんです。しかしそれは思惑通りで、そこからしっかり動かすとジリジリとですが勢いがついて最終的に交わすところまで行きましたね。ギリギリのところまで溜めこんで伸ばすという感じですね。新聞社にもよるのですが、速いところで11秒7という数字も計時されていたようですし、悪くはないのではないでしょうか。ここまで無事に来ることができました。今回は意図的に絞ることも考えていたんです。カイバをしっかり食べてくれていますし、そのなかでプラスマイナス0か微減くらいで構わないのですが、週末の調教を終えていったん459キロくらいに増え、今日で454キロです。これから競馬までの時間もありますし、輸送もありますから、しっかりと体調を整えて本番へ臨めるようにしたいですね」(大竹師)
27日の中山競馬(有馬記念・芝2500m)に戸崎騎手で出走を予定しています。



12/24 大竹厩舎

27日の中山競馬(有馬記念・芝2500m)に戸崎騎手で出走いたします。



12/27 大竹厩舎

27日の中山競馬では道中中団を追走する。勝負どころでは楽に前との差を詰めて行ったように見えたが、直線では目立った脚を使えず10着。
「もう少しゲートは出ないかなと覚悟していたのですが、今日はスッと反応して出てくれましたね。それは具合の良さもあったのでしょうが、返し馬からすごく雰囲気が良くて、力を出せる状態にあったと思います。道中は程よく行く気がありましたがしっかりとコントロールが利いていましたし、この馬のリズムを重視して運びました。途中でゴールドシップが捲っていくことは予想していましたが、あとはいつ来るかだけには気を付けていました。実際に外を上がって行きましたが、そのタイミングはルージュにとってベストと言えるほどでしたね。先に行かせてからも我慢が利いて、本当に手応えが良かったので直線が非常に楽しみだったんです。それがいざ追い出してからの反応がなくて…。ペースは前の馬に有利ではありましたが、正直、そのペース云々による反応ではなかったですから、首を傾げてしまいます。断言はできないものの、中山のコース形態が合う合わないなどより、今日の走りだけで言えば距離が長いのでしょうか…。いい状態で出走できましたからキッチリと結果に結びつけたかったです。申し訳ありません」(戸崎騎手)
「好位で運んだ馬達が上位に来ていますから、流れが向いた、向かなかったと言えば後者ではありました。それでも勝負どころを馬なりでスーッと上がって行けましたから、直線の伸びを大いに期待するほどでした。う~ん、それがあの走りでしたからね…。中山の坂の影響もなかったとは言えませんが、それにしてもの反応でした。ジョッキーの話と外から見た印象から総合的に判断すると、距離なのでしょうか。具合が良くてゲートも前走より確実に出てくれましたし、捲って来た馬に惑わされることなくいいリズムで運べていたことからも、普通ならもっと伸びる格好をしていいはずですからね。もちろんこの一戦で断言はできないものの、やはり一番力を発揮してくれるのはもう少し短い距離にはなりそうですから、来年に活かしていきたいです。今日はいい走りをお見せできず、申し訳ありませんでした」(大竹師)
前走のエリザベス女王杯を使ってからも順調に調整が進められ、ジョッキーが返し馬から好感触を得られるくらいの、いい状態で出走することができました。道中の走りからも直線の末脚が楽しみになるほどでしたが、結果的には条件面で苦しいところもあったのか、上位に迫ることができませんでした。なかなかスッキリと結果に結び付けられずもどかしさもありますが、さすがにメンバーが揃う競馬が続いてもいますから、また力を付けつつ来年の巻き返しに期待したいところです。今後はトレセンで状態を確認してからリフレッシュ放牧に出す予定です。



 エリザベス女王杯後も心配していた疲れが出ることもなく、ルージュバックにとっては2歳時以来か、初めてと言っていいぐらい万全の態勢でレースを迎えることができました。それも有馬記念という大舞台に。斤量も53キロと有利だし、これは…とやはり期待せずにはいられませんでした^^;
 そんな中、迎えた有馬記念。何の不利もなくレースを運べて、直線を向いて末脚が炸裂することを期待しましたが、伸び脚を欠いて10着。これが万全の態勢で力を出し切っての結果、厳しいけどまだまだ力不足ですね。

 きさらぎ賞を勝ったことで、大いに期待されましたが、最終的に今年の勝ち鞍はきさらぎ賞のみでした。歯がゆい結果ですが、これが現実。きさらぎ賞を勝つことでも十分なのに今一つ物足りなさを感じたのも事実…。贅沢な話ですよね^^;
 とは言えルージュバックはよく頑張ってくれました。自分の出資馬が有馬記念に出走するなんて、これまでは考えられないことだったし、クラシック戦線だけでなく年末の有馬記念まで、一年通して一喜一憂できるなんて貴重な経験ですからねぇ。
 来年は力強さを身に着けて、飛躍の年にしてもらいたいですね。ルージュバック、今年一年楽しませてくれてありがとう!来年も楽しみにしてますよ(´ω`*)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« ◆2015笑顔  |  キャロット【ハイアーレート】近況(12/2~12/26) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret