04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

キャロット【ハイアーレート】近況(12/2~12/26) 

ハイアーレート 美浦・尾関知人厩舎
父ゼンノロブロイ×母スルーレート/母父フレンチデピュティ 2011年2月1日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


12/2 尾関厩舎

2日は軽めの調整を行いました。
レース後しばらく様子を見ていましたが、厩舎に戻って時間が経ってから鼻腔から血が出て来ることはなかったですし、上がりの歩様も変わりはなさそうでした。それが一番心配だったのですが、とりあえずその不安はなかったので、その点ではホッとしています。その後は運動しながら様子を見ているところですけれど、今のところ変わった様子はありません。タイミングを見て乗ってみようと思っていますけれど、変わりなければそのまま行ってみることも考えているんです。もちろんちょっと堪えているかなと思えたり、精神的にリセット期間を少しでも設けたほうがいいかなと思えれば無理はしませんので、どうするか判断するのにもう少しお時間をいただければと思います」(尾関師)



12/9 尾関厩舎

9日は軽めの調整を行いました。
先週いっぱいの様子を見ても今のところ変わりないですから、このまま続戦するつもりで調整をスタートさせています。節の兼ね合いもありますが条件をちょっと変えてみようという狙いも込めて中山3週目のダート2500m戦をメインに考えてみようと思っていますので、前走からの出走間隔は中2週。そう考えると今日の時点ではまだ速いところは必要ないかなとも思っていますので、早くて金曜日あたりか週末くらいから時計を出していこうと思っています」(尾関師)
19日の中山競馬(3歳上500万下・ダ2500m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。



12/16 尾関厩舎

16日は美浦南Wコースで追い切りました(84秒6-68秒8-53秒5-39秒4-13秒2)。
「今日はウッドチップコースで3頭併せでの追い切りを行いました。ハイアーレートには助手が乗っていたのですが、もう2頭がジョッキーで、そのうちの1頭がレースで乗ってもらう予定の吉田豊ジョッキーでしたし、ハイアーレートも見てもらいながらという狙いがありました。いちばん前を先行して2頭が来るのを待つ形だったのですが、スタッフの話だと後ろから並びかけられてきた時の気持ちの変化がもうひとつということだったんですよね。ブリンカーを着けていたのですが、馬がより見るようになっているところもあるのかもしれませんね。ただ、レースでは悪くなかったということだったので、いちおう今回も着けてみるつもりですし、メンバー構成如何ですけれど、思い切った競馬をしてみてもいいかなという思いも持っています。そのあたりはメンバーを見ながらジョッキーと相談していくつもりですが、今回距離を一気に延ばしてみますから、何かしらの変化を見せてくれたらと思っています」(尾関師)
19日の中山競馬(3歳上500万下・ダ2500m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。



12/17 尾関厩舎

19日の中山競馬(3歳上500万下・ダ2500m)に吉田豊騎手で出走いたします。



12/19 尾関厩舎

19日の中山競馬ではまわりの状況を見つつ道中中団を追走するも、4コーナーに差し掛かるとジリジリと位置をさげてしまい15着。
「逃げることはできませんでしたが前がそれなりのペースで引っ張っていましたし、外枠でもあったので無理に押しては行きませんでした。競馬を一度使っていい方に変わってほしいなとは思っていたものの、正直なところ前走同様に気持ちの面で物足りなさを感じました。結果が出ていた時はとにかくいかに抑えるか苦労するくらいですし、例え辛い展開になっても最後の粘りがあるんです。今日は敢えて砂を被せるなどして闘志を沸き立たそうとはしたのですが、手応えは最後までグッと来ませんでした。外から上がって来た馬に対して極端に嫌がることや、自分から決してブレーキをかけてはいないけれど、どうしても馬自身に良くないイメージが残っているのか、全力で走っていないのは確かです。距離を延ばして良さを見せてほしかったのですが、う~ん…。体云々ではなくやはり精神的なものだとは思いますが、力になれず申し訳ありません」(吉田豊騎手)
「休み明けだったとはいえ、前走の内容が芳しくなかったので変化をつけるため今回は距離を延ばしてみました。この条件のデータ的に外枠は悪くなかったようですが、この馬自身の走りからも変に内枠でごちゃごちゃするより気分良く運べるはずと考えていました。う~ん、それが4コーナーでは既にさがってしまいましたからね…。ただ単純に距離が長いからという訳ではなく、セーブ気味に走っていて、ペースが上がってから脚を使えないままと大変悩ましい内容でした。馬体重こそ増えていたものの、一度競馬を使って厚ぼったさが減り、馬体は前回よりも良かったはずです。それだけに本当に悩ましい限りです。力を発揮しての結果でないのは明らかですが、このままではいけませんし、さらに変化をつけるためにいろいろ考えていきたいです。続けていい競馬をお見せできず申し訳ありませんでした」(尾関師)
長期休養明けを一度叩いて前進を期待したのですが、気持ちの面で難しさを出してしまったのか、この馬らしい走りをまったく見せられませんでした。気持ちの問題になると簡単ではありませんが、本来の力を発揮できれば違うはずですし、何とか変わり身を引き出せないか模索していきたいところです。



12/23 尾関厩舎

23日は軽めの調整を行いました。
「何とか復調のきっかけをつかみたいと思ってレースの条件を変更してみたのですが、思うようにいかず申し訳ありません。バテているというよりはやはりメンタルの問題なのかなと思いますし、力を出しきれていないのは明らかなんです。レース後、脚がどうとかもなければ、鼻血も出ていませんでしたし、気持ちの面を何とか変えていくしかないのかなと思うんです。長い目で見なければいけないのですが、牧場からは“去勢してみませんか?”という提案もありました。普段、常日頃からうるさい馬ではないのでここまでは考えてこなかったのですが、今はキッカケがほしいですし、気持ちがまとまってくれて走ることへ集中していってくれればとも思いますから、このお休みを機会に検討してもいいでしょう。今のところいったん天栄へ放牧に出す予定ですので、タイミング等は牧場に判断を委ねて、その後の調整の進み具合を見ながら今後の具体的なことを考えていくつもりです。なかなか思うようにいかずに本当に申し訳ありません」(尾関師)



12/26 NF天栄

25日にNF天栄へ放牧に出ました。



 12月19日のレースは、長期休養明けを叩いた上積みを期待しましたが、良いところなく15着大敗。関係者もそろって「う~ん」の結果に^^;
 パドックで見て感じたのは、大人し過ぎるということでした。休養明けしょっぱなのレースではまだ走る気は失っていないように見えましたが、さすがに今回のレースぶりは危機感を覚えますね…。体調面には何の不安もないとしたら、やっぱり精神面ですかねえ。だとしたら立て直しには時間がかかりそうです。
 ブリンカー装着したり距離を伸ばしてみたり、厩舎側では風向きを変えようと工夫をしてくれますが、今のところ結果は芳しくありません。こうなると、おネェ案もひとつの手かなあ^^;
 何とか浮上のきっかけを掴んでもらいたいですね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット【ルージュバック】近況(11/18~12/27)  |  キャロット【サーブルオール】近況(12/9~12/22) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret