05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

キャロット【グランデアモーレ】近況(9/8~10/27) 

グランデアモーレ 栗東・松田博資厩舎
父ネオユニヴァース×母ヒカルアモーレ/母父クロフネ 2010年1月25日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


9/8 NFしがらき

坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も丸馬場でのハッキングや、坂路では15-15程度のところをしっかりと乗り込むことができています。ここまで乗り込みを重ねてもトモの状態は落ち着いていますし、いい流れで進めることができていますね。だいぶ状態も上向いてきているので、厩舎サイドと移動時期の相談もしながらさらなる良化を促していきたいと思います」(NFしがらき担当者)



9/15 NFしがらき

坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「引き続き、丸馬場でのハッキングと坂路では15-15程度のところを乗り込んでいます。コンスタントに速いところを乗っても堪えるようなことはありませんし、トモの状態も安定していますね。体調も問題ありませんし、状態も良くなってきていますよ。このまましっかりと進めてさらに良化を促していきたいと思います」(NFしがらき担当者)



9/23 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も丸馬場でハッキングを行って体を解し、坂路では15-15程度のところを取り入れています。ここまでしっかりと乗り込みを続けてもトモに疲れが出るようなこともありませんし、テンションの高揚も見られません。そろそろ移動の話もありますし、さらにしっかりと態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)



9/24 松田博厩舎

24日に栗東トレセンへ帰厩しました。



9/30 松田博厩舎

30日は栗東CWコースで追い切りました。
「先週木曜に無事帰厩しました。もともと結構カーッとテンションが上がりやすいタイプなので、先週末は用心して坂路で15-15を乗りました。今朝はCWコースを2周サッと乗りましたが、助手も構えすぎたようで、前半行きたがった分ラストを抑えすぎてしまって、チグハグな時計になってしまいました。15-15程度の予定でまったくの持ったままなので特に問題ありませんが、今日の調教がうまくガス抜きになってくれればと思います」(松田博師)



10/7 松田博厩舎

7日は栗東坂路で15-14程度の調教を行いました。
「先週の追い切り後、木曜日の坂路は落ち着いて走れていたのですが、やはり気合いが乗ってきたようで週末はかなりカーッと行きたがっていました。こういう状況でCWコースを長めに乗って無理やり抑え込むというのも良くないでしょうから、今朝は坂路で65秒程度のところを2本乗って負荷をかけました。来週はコースで追い切る予定です。息遣い自体は悪くないので、追い切りばかり重ねていってさらにテンションを上げるよりは早めに一度使ってあげようということで、来週の東京1400mへ向かおうと考えています」(松田博師)
18日の東京競馬(白秋S・芝1400m)に出走を予定しています。



10/12 松田博厩舎

18日の東京競馬(白秋S・芝1400m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて24頭の登録があります。



10/15 松田博厩舎

14日は軽めの調整を行いました。15日は栗東坂路で追い切りました(53秒4-39秒2-27秒1-14秒5)。
先週水曜に坂路を2本乗った後もカリカリしていてコースに入れづらい状況だったので、500mの角馬場でゆったり乗るようにしてみたところ、だいぶおとなしくなってくれました。狭い角馬場の方が馬も落ち着くのかもしれません。こういう状況なので、今朝もコース追いではなく、角馬場でじっくりと乗ってから坂路を1本。遅い時間帯で馬場もかなり荒れていましたが、スタートから無理せず馬なりで行かせてこの時計なら十分でしょう。ラスト1ハロンは14秒5とかかっていますが、馬場が悪かっただけで、脚が上がったというわけではありません。角馬場に入れるようにしてからはうまく調整できていますし、今のテンションでレースに臨めればいいですね」(松田博師)
18日の東京競馬(白秋S・芝1400m)に藤岡康騎手で出走いたします。



10/18 松田博厩舎

18日の東京競馬では道中は逃げる展開も、力みが目立ち、上手く息を入れられずに最後は離されてしまい18着。
「先生からは折り合いに難しいところがあるから、スタート後は馬なりで、とにかく馬のリズムで進めてほしいと言われていました。実際は悪くないスタートから前々に行く形になりましたが、テンはまだ大丈夫だったものの終始外からプレッシャーを受けてかなり口を硬くして力んでしまいました。そのまま一息で走って最後は馬自身で止めてしまいましたし、もう少しでも抜けるタイミングをつくってあげられれば良かったのですが…。今日は力になることができず申し訳ありませんでした」(藤岡康騎手)
トレセンでは角馬場調整も取り入れながらテンションを保つように進めて来ましたが、レースでは課題の行きたがる面を出してしまい、いい走りができませんでした。タイムオーバーにより1ヶ月間の出走停止処分を受けましたが、今後についてはまずトレセンに戻り、状態を確認してからどうするか判断していきます。



10/22 NFしがらき

22日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週の競馬は、かかり気味に進んでしまったし、前に壁がない状態でさすがに最後は厳しくなってしまいました。終始気負って走っていたようで、レース後はやや筋肉が硬くなっているようですし、タイムオーバーということもあるので、申し訳ありませんが一度放牧に出させていただくことにしました」(松田博師)



10/27 NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「こちらに到着後は、ウォーキングマシンで動かしながら馬体のチェックを行っています。馬自身は疲れているという感じもないのですが、以前傷めた飛節の状態などしっかりと確認をしていく必要もありますし、もう少し慎重に様子を見ていきます」(NFしがらき担当者)



 長~い放牧から帰厩し、十分乗り込んで迎えた約7か月ぶりの復帰戦。行く気に任せて逃げの手に出ましたが、直線向いて逆噴射。タイムオーバーをいただいてしまいました^^;
 レースをしたなりの傷みはあるようですが、今のところ怪我はしていないようですね。良かった良かった。
 テンションの高さが能力を出し切れない一因とも考えられますが、馬自身が走る気を失ってしまっているようにも思えますねえ。今となっては、無事に繁殖に上がってくれればという気持ちが大きくなってきました^^;

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット【グランデアモーレ】近況(10/29引退)  |  キャロット【ステラストリーム】近況(9/9~10/25引退) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret