10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

キャロット【ルージュバック】近況(5/28~7/21) 

ルージュバック 美浦・大竹正博厩舎
父マンハッタンカフェ×母ジンジャーパンチ/母父Awesome Again 2012年4月22日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


5/28 大竹厩舎

27日、28日は軽めの調整を行いました。
「先週は最高の結果を出すことができなくて、申し訳ありませんでした。レースへ向かうスケジュールで色々とご心配をおかけしたと思いますが、パドックの様子から大丈夫と感じていただいた方もいらっしゃったかと思います。期間が限られた中だったので、最高のところまではいけなかったのかもしれませんが、悪くない状態で送り出せたとは考えています。ベストの結果になったわけではないので、これで良かったとも言えませんが、この馬のポテンシャルの高さは改めて見ることができたでしょうし、これから先さらにいい結果を出せるようにやっていきたいですね。レース後の状態ですが、大きな問題は見せていません。もちろん走ったなりの疲れはありますから、少しでも体調をより良いものへと整えてから放牧に出すことになります。今後のことについては、はっきりとは決まっていません。ただ、今のところ夏は北海道でお休みさせて、秋の目標を徐々に決めていくことになるかと思います。この馬の良さを活かしていけるように、よく考えていきたいですね」(大竹師)
9月12日(土)にアイルランドのレパーズタウン競馬場で行われるQIPCOアイリッシュチャンピオンS-GⅠ(芝2000m)に登録を行いました。なお、今回の初回登録料は無料です。



5/29 NF天栄

29日にNF天栄へ放牧に出ました。



6/3 NF天栄

ウォーキングマシン調整を行っています。
「先週末に天栄へ放牧に出てきました。オークスは残念な結果となってしまいましたが、まだあれが完調の状態とは言えないところもあったと思いますし、改めて素質の高さを感じさせてくれた一戦でもあったと思います。その分の反動がなければと、こちらに来てからも時間をかけて見させていただいていますが、心配をよそにそこまで疲れは感じさせず、むしろ良くなってきているなと思うくらいですね。さすがに今の時点でここという予定は決まっていないと思いますが、現状を調教師にも報告しておきます」(天栄担当者)



6/9 NF天栄

トレッドミル調整を行っています。
「先週の金曜日に大竹調教師が来場され、状態を見てもらいました。馬体は470キロ近くにまで回復していますし、レースの疲れは抜けてきているのかなと感じます。正直これならばドンと休ませるまでもないのかなという状態にも見えますし、あまりコロコロ環境を変えすぎるのもどうかなということから、北海道とも相談をしたところ現時点ではこのままこちらで調整をしていくことになりそうです。まだ乗るまでには至っていなくてトレッドミルでの調整。長く休ませないと言っても、秋に向けて充電もしっかり行っていかなければいけないので、焦らず調整していきたいと考えています」(天栄担当者)



6/16 NF天栄

軽めの調整を行っています。
じっくり時間をかけた分、体は本当にふっくら見せていて桜花賞時と比べると見違えるくらいになっています。おそらくですが、オークスは良化途上のときだったのでしょう。そこを使ってまたグンと上がってきているのかなと感じさせますよ。肌ツヤも良くなってきましたから、これならば色々と柔軟に考えられるかもしれませんね。良い状態になってきていることから今日より乗り出すことになりました。初日なので小さい周回コースを使ってじっくりと体を動かすメニューです。その中で人間とのコンタクトをより高め、トモなどもっと良くなってほしいと思える部分を少しでも改善していけるように取り組んでいますし、日々の運動から神経を使いつつ良化を図っていければと考えています」(天栄担当者)



6/24 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
先週から乗り出しましたが、その後の調整もまずまずで、悪くない状況にありますよ。今週は坂路にも入っていて無理なくサッと上ってくれていますから順調と言えるでしょう。もう少し様子を確認しながら具体的なことを決めることになるでしょうし、大竹調教師にも見てもらいながら今後について相談していくことになると思います」(天栄担当者)



6/30 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
乗り出して少し経ちますが今のところ順調に来ており、この調子で進めていければ良いかなと思えます。大竹調教師とも相談をさせていただきましたが、調子も良く思えますし、秋まで引っ張るよりも夏の競馬を狙ってもいいのではないかということになり、今のところ札幌記念からの始動を考えることになりました。そのレースによって今後のことも色々と考えられるようになるでしょうし、まずは8月下旬のレースを目標において調整を進めていきます」(天栄担当者)



7/7 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「乗り進める中でも直近の馬体重は483キロといい意味の余裕がありますし、この馬なりに順調に進めることができていると思います。跨った感触としてあえて挙げるとすれば少しトモの入り、使い方がまだ良化途上かなとは思いますが、目標の札幌記念までの時間を考えつつ、動かしながらよりフィットさせていきたいですね」(天栄担当者)



7/21 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
体調面の問題はなくじっくり乗り込めていますよ。順調ではあるのですが、走りを見ると無駄があるようにも感じますね。それは今に始まったわけではないのですが、ちょっと力みが見られるなど、課題点があるかなと感じるのは本音です。もう少しこちらで乗り込んで北海道へ送り出すことになると思いますし、その間少しだけでもいいものにしてあげられればと思っています」(天栄担当者)



 オークス後、天栄へ放牧に出ましたが、レース後のダメージも少なく、むしろ具合が良くなっているようで札幌記念を目標に調整されています。夏は休養に充てるかと思いきや、夏休み返上。
 良化途上のオークスであの結果が出せたとしたら、何の不安もない状態ならどれだけ走れるのか…。それにしても、目標のレースに向けて状態をピークかそれに近い状態にするのは、難易度高いですね^^;
 ルージュバックに関しては、特にそれが難しいように感じられます。身心の成長と共に体質が強化されれば、もう少し調整もしやすくなるんじゃないかと思いますが…。
 
 走りに無駄があるという指摘もありますし、まずは目の前の課題をひとつひとつクリアして行きましょう~。
 古馬相手の札幌記念は、さらに厳しいレースになることが予想されます。先につながるような走りができるように、成長を阻害しないように、難しい面は多々あるかと思いますが、しっかり体調管理をよろしくお願い致します(-人-)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 競馬日記

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« ◆5年越しの勝利  |  ◆初勝利おめでとう »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。