04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

キャロット【ミラクルルージュ】近況(4/28~6/13) 

ミラクルルージュ 美浦・上原博之厩舎
父メイショウサムソン×母ミラクルレイザー/母父エルコンドルパサー 2010年4月18日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


4/28 NF天栄

トレッドミル調整を行っています。
「先週こちらに帰ってきています。脚元などはさほど変わりないように見えます。背腰のほうは物凄く痛がるというところまではいっていませんが多少の傷みはある状況ですね。全体的には悪いまでは言わないけれど、ちょっと萎んでいるようにも見えなくはないので、現在は回復に専念するようにしています。それでもトレッドミルで適度には動かしていますので、体の戻り具合と相談しながら今後のメニューを考えていき、次走へとつなげていきたいですね」(天栄担当者)



5/6 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「放牧当初はトレッドミルなどの運動に留めていましたが、ガタッと来ていたわけではなかったので、この中間より乗り出していて現在は普通のメニューに戻してきています。いい意味で変わりないと思います。この後をどうするかは、今後の状態を見ながら上原調教師と相談していければと考えています。馬体重は484キロです」(天栄担当者)



5/12 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「いい意味で変わりなく来ることができていると思います。もっと体に余裕があり、精神的にもまとまりが出てきたらなおいいと思いますが、現時点で悪いと感じることもありません。おそらく夏競馬を狙っていくことになると思いますし、芝・ダートともに考えてもいい馬でしょうから、体調を見ながら調教師とも相談をしていきたいですね」(天栄担当者)



5/19 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間も体調面に不安を見せることはありませんし、日によっては坂路でハロン15秒かそれ以上のペースで乗る日を設けています。今朝は坂路で調教パートナーに少し遅れをとったものの、動き自体は悪くないものでしたし、この調子ならそう遠くないタイミングで帰厩の話が固まったとしても、スムーズに対応できると思いますね」(天栄担当者)



5/20 上原厩舎

20日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「前走後、天栄で調整を行ってもらっていましたが、悪くはないかなという状態で調整を進められているということでしたし、夏の前半戦を目指すことも可能ということでした。それなので、調整をして本日トレセンへ入厩させていただいていますよ。夏開催となるとクラス編成により降級馬もいる中での戦いになりますからより厳しいものになるかもしれませんが、この馬自身、何とか復調させ、いい走りをお見せしたいと思いますし、しっかりと調整を進めていきたいと思います。よろしくお願いします」(上原師)



5/28 上原厩舎

27日は軽めの調整を行いました。28日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒6-39秒0-13秒0)。
「悪くない雰囲気ですし、さっそく週末より時計を出し始め、今朝は2本目の時計として追い切りをかけました。ウッドチップコースに入って単走での追い切りだったのですが、終始、力み過ぎず、まずまずのリズムで駆けていたので、悪くない動きだったかなと見ていました。馬体重は470キロと、さほど前走から増えていない状態ではあるのですが、腹回りなどにはいつも以上に余裕があり、背っ垂れの目立つルージュが今はあまり目立たないんです。あまり立派すぎても良くないかもしれませんが、いい状態でレースへ向かいたいですね。今のところ、再来週くらいの競馬はどうだろうと思っているのですが、できるだけメンバーが薄かったり、頭数が少ない条件になってくれたりした方がいいでしょうから、芝の2400mという番組も含めて検討していくつもりです」(上原師)



6/3 上原厩舎

3日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒2-53秒7-40秒0-13秒6)。
「先週に続いて今週もウッドチップコースに入って追い切りを行っています。自分のリズムを大事にして、まわりに影響されないでしっかりと走れるようにしたいと思って単走で追い切っているのですが、先週に続いて今週の動きも良かったように思います。というのも、これまでのルージュはちょっと頭を高くして首を上手に使えていないようなフォームに映りがちでした。それを少しでも変えてあげられないかと思い、この中間鼻革を変えてみました。少し鼻づらが動くのを抑えるようなものなのですが、その効果があっていくらか重心が浮かず、前へと推進できているような格好に見えていますね。あまりキツすぎると却って良くないですが、今のところの感じは良いのでこのまま調整を進めて来週あたりの競馬を考えてみたいと思っています。ダートがダメとも思っていませんし、中距離も大丈夫と思っていますが、残念ながら成績がなかなか向上してきません。少しでも頭数が少なくなるなど、メンバーが楽なほうがいいのは否めませんし、これまでに使っていない条件を一考するのもひとつの手だと思います。ちょうど来週であれば芝の2400mというレースがありますので、そこをメインに考え、状況次第でもしかしたら他へ動くという形を取らせていただければと思っています」(上原師)状況次第で変更になる可能性もありますが、今のところ13日の東京競馬(3歳上500万下・芝2400m)に田辺騎手で出走を予定しています。



6/10 上原厩舎

10日は美浦南Wコースで追い切りました(56秒8-40秒1-12秒8)。
「先週、先々週とそれなりの調教を課してきましたし、良い感触も掴めていましたので、この流れをキープするように心がけていました。そのため、今朝の追い切りも単走で行いました。朝一番だとキリが凄くてまったく見えなかったのですが、後半の番組で組んでいたのでしっかりとこの目で確認することはできました。ウッドチップコースを5ハロンから追うようにしたのですが、基本は終いをしっかりと伸ばす形。道中のリズムは悪くなく、追われてからの伸びもまずまずと思えましたし、感触は今週も良かったですよ。体のラインも悪くないものをキープできていますから、このまま体調を維持してレースへ向かいたいですね。もしかしたら相手関係や出馬状況などを見て変更する可能性もゼロではありませんが、今のところは先週お話しさせていただいたように芝の2400mにチャレンジするつもりです」(上原師)
13日の東京競馬(3歳上500万下・芝2400m)に田辺騎手で出走を予定しています。



6/11 上原厩舎

13日の東京競馬(3歳上500万下・芝2400m)に田辺騎手で出走いたします。



6/13 引退

13日の東京競馬ではまずまずのスタートから中団をじっくり進む。手応えよく直線へ向かえたかに見えたが最後は余力がなくなり11着。
「今回の長めの距離で変わり身を見せたかったのですが、いい時のこの馬ならむしろ掛かるのを気を付けなければいけないくらいなのに、むしろ行きっぷりがもうひとつで思ったように進んでくれませんでした。ちょっと硬さがあってフットワークもこじんまりしてしまっていましたし、その影響があったのか…。力をフルに発揮できればこんなはずはないのでしょうが、力になれず申し訳ありません」(田辺騎手)
「今回は鼻革を替えてみて上に浮いてしまいがちな走りを修正できていて稽古の感触の良さを持ってレースへ送り出せたと思います。馬体も数字上では変わりないかもしれませんが、この馬独特の体型がそこまで目立たないくらいトモを中心に各パーツに丸みがあって良いなと思っていたんです。今回は距離を延ばしてみたわけですが、おかげで追走はずいぶん楽で、勝負どころへ向かうときの格好も悪くないなと思えましたよね。しかし、最後は余裕がなくなっていました。田辺に聞くとフットワークがバラバラになってしまい、以前のような良い感触があまりなかったということだったんです。ジョッキーたちに言わせるとデビューのときからすごく良いフットワークの持ち主というわけではなかったようなのですが、そのなかでもひと息だったのでしょうか…。変えていければいいのですが、毛色が黒くて暑い時期は不得意な馬で、去年もお休みをいただいていました。悪くないと思っていたなかでさらにガラッと短期間で変えるというのは難しいと言わざるを得ませんし、お時間をだいぶいただいてしまうことになってします。レイザーの娘ですし、勝たせてあげられたのは嬉しかったのですが、さらなる活躍をさせてあげられなくて悔しいです。申し訳ありません」(上原師)
なかなか成績を変えていけない状況が続いていましたので前走はダート、今回は芝に戻して余裕をつくるために距離を延ばしてみて前進を狙いました。道中の感触からやれると力が入ったくらいでしたが、実際のところはフットワークが芳しくなかった模様で距離などの適性云々の前にこの馬の良さが感じられない状況だったようです。陣営には試行錯誤してもらっていたのですが、なかなか復活の糸口を掴むことができません。夏の暑い時期は不得手にしているということからもコンスタントに使って良化を図っていくことも望みにくい現状を考えて、上原博之調教師と協議を行った結果、誠に残念ではございますがここで諦め、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様には残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されています会員の方へは、後日書面をもってご案内いたします。



 ついにこの時が来てしまいました。引退です。ここ数戦の結果から、何となくこの日が近いような気はしていましたが、実際「引退」の文字を見ると寂しい気持ちになりますね…。
 少しでも良い走りができるように条件を変えたり馬具に工夫をしたりと厩舎サイドは手を尽くしてくれましたが、これまでの不振を振り払うような走りはできませんでした。

 特徴的な体型を持ち疲れが溜まりやすいという弱点をカバーしつつ、無事に競走生活を終えられたことは、厩舎の方々のおかげですね。上原調教師始め厩舎関係者の皆さま、ありがとうございました。
 出資馬の中で、唯一現地で勝利を見届けているのがミラクルルージュ。3歳未勝利を脱したのもこの時期で、あの時は蒸し暑くて小雨がちらつく日だったと思います。勝つのを見られたのが嬉しくて、暑いはずなのにしばらく震えが止まりませんでした。
 
 2勝目をあげることはできなかったけど、人馬共にやり尽くしての結果だと思うし不満は一切ありません。最後のレース、現地で無事にゴールするのを見届けることができました。
 17戦怪我もなく、よく頑張ったね。ミラクルルージュ、お疲れ様。今までありがとう!

戦績 17戦1勝(1-0-2-14)

ミラクルルージュ

ミラクルルージュ

ミラクルルージュ

ミラクルルージュ
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« ◆立案者  |  ◆勢い止まらず »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret