08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

キャロット【サーブルオール】近況(14/9/1~15/5/29) 

サーブルオール 牡 鹿毛 2013年3月14日生
父ハービンジャー×母モンローブロンド (BMS:アドマイヤベガ)
美浦・萩原清厩舎予定


9/1 NFイヤリング
6.モンローブロンドの13

馬体重:458kg 
体高:155.5cm 
胸囲:176.8cm 
管囲:20.8cm 



9/16 NF空港

16日にNFイヤリングからNF空港へ移動しました。




9/30 NF空港
140930モンローブロンドの13

馬体重:478kg
NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は騎乗馴致に備えて、鞍を付けてのウォーキングマシン運動をこなしています。初期馴致に関しては最初から内容を理解して受け入れるなど、学習能力の高さを見せています。この分ですと、今後開始する騎乗馴致も順調にクリアしてくれると思いますので、しっかり対応していければと考えています。




10/31 NF空港
141031モンローブロンドの13

馬体重:461kg 
空港牧場に移動後は新たな環境にもすぐに馴れてくれました。素直な性格をしており、初期馴致も楽にクリアすることができています。現在はロンギ場でごく軽めのキャンターを開始したところです。運動後には常歩で厩舎まわりを歩いていますが物見などをすることもありませんし、しっかり調教に集中することができています。この様子であれば今後も順調に進めていくことができそうです。




11/28 NF空港
141128モンローブロンドの13

馬体重:465kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン18~20秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。性格面は真面目で大人しく、素直な馬なのですぐにハロン20秒程度のキャンターにも対応できています。走るフォームを見てもしっかりと頭を下げて安定感ある姿を披露してくれていますので、今後も問題なく進めていくことができそうです。




12/26 NF空港
141226モンローブロンドの13

馬体重:467kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン18~20秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。気性は相変わらず素直で扱いやすく、調教時の位置取りにこだわることなく乗り込むことができています。坂路コース登坂時の姿を見ても力強さが増しているのがわかりますので、この調子で良化させていければ理想的でしょう。




1/15 NF空港

馬体重:476kg 
この中間、馬房内で捻ったのか右トモに違和感が出てしまいました。現在は調整ペースを落として対応しており、ウォーキングマシン運動を行っています。坂路コースでのペースを上げても手応えは良く、雰囲気もあって鍛えがいのある馬だっただけに今回のアクシデントは残念でなりません。誠に申し訳ありませんが、幸いにも大事には至りませんでしたので、馬が気にしなくなるまで静養した上で再度、ペースアップを図っていければと考えています。




1/30 NF空港
150130モンローブロンドの13

この中間は脚元の回復を促すことを主体とした調整メニューで進めています。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。右トモ部分には僅かな腫れと熱感が残っているため、この中間も患部の回復を最優先に取り組んでいます。状態次第ではありますが、ここで無理をしては後々まで響きますので、しっかりケアした上で徐々にメニューアップを図っていければと考えています。




2/13 NF空港

馬体重:491kg 
この中間は脚元の回復を促すことを主体とした調整メニューで進めています。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。右トモ脚にまだ若干の腫れがありますので、無理をしないメニューに留めています。昨年までは順調に乗れていましたし、動き出せれば順次メニューアップできるでしょうから、ここは焦らず動けるようになるまでもう少し辛抱したいと思います。




2/27 NF空港
150227サーブルオール

この中間から騎乗運動を再開しています。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター1周半の調整メニューを中心に進めています。右トモ脚の状態は徐々に落ち着いてきていますので、様子を見ながら負荷を高めるようにしています。乗り出し再開からここまでは安定して動くことができていますので、今後も無理のないよう進めていく中で坂路コースでの調整再開時期を見定めていければと思います。




3/13 NF空港

馬体重:506kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター1周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで1本登坂しています。乗り込みを継続する中で右トモの不安が出てくることはありませんし、順調にメニューアップを図ることができています。今後もじっくりと馴らしながら進めていき、徐々に負荷を強めていければと考えています。




3/31 NF空港
150331サーブルオール

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター1周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで1本登坂しています。坂路コースでの調教を再開してしばらく経ちますが、問題なく日々の調整メニューをこなすことができています。馬の雰囲気も良いですし、今後は更に負荷を高めて進めていきたいと思います。




4/15 NF空港

馬体重:508kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター1周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで1本登坂しています。この中間も課した調教をスムーズにこなしてくれています。乗り役とのコンタクトを意識しながらじっくり乗り込んできた効果で、これまで遊びながら走っていた面に改善が見られ、集中して走ることができるようになってきました。今後もこの調子で一歩一歩良化させていければ理想的と見ています。




4/30 NF空港
150430サーブルオール

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター1周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンターで1本登坂しています。少しずつ後肢の踏み込みは深く、力強いものになってきており、トモに力が付いてきたことを物語っています。騎乗時に手綱から伝わる手応えにも良いものがありますし、今後も更にペースアップして乗り込むことで素質に磨きをかけていければと考えています。




5/15 NF空港

馬体重:502kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター1周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンターで1本登坂しています。引き続き、ハロン16秒ペースで乗り込みながら継続的に負荷をかけています。その効果もあって馬体面では特にトモに力が付いてきており、ボリューム感が増してきました。今後もこの調子で鍛えていければ理想的と考えています。




5/29 NF空港
150529サーブルオール

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター1周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンターで1本登坂しています。しっかり乗り込みを行いながらもカイバは問題なく食べることができており、体調面に不安はありません。この調子で更なる成長を促す中で徐々にペースアップを検討していければと考えています。



※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています

サーブルオール Sable Or(仏語)
馬名意味・由来 金の砂。母名より連想。

 出資が確定してから長らく近況を放置していましたので、その間に当然名前も決まっているわけでして、自分の中ではすでに「モンローブロンドの13」ではなく「サーブルオール」が定着しております^^;

 褒め言葉はなくてもこの時期はトラブルがないのが一番だと思っているのに、「馬房内で捻ったのか右トモに違和感」の文字を見た時はやっちまった感が満載でしたが、その後持ち直して、今では何事もなかったかのように調教が続けられています。良かった良かった(´ω`*)
 乗り込まれながら順調に馬体重も増えて、5月中旬の近況で500キロちょっと。重くなり過ぎると脚にかかる負担も心配なので、このくらいで推移して欲しいところです。
 早期デビューというタイプでもないでしょうし、じっくりゆっくりお願いします~。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット【グースベリー】近況(14/9/1~15/5/29)  |  ◆大舞台 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。