04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

キャロット【ハイアーレート】近況(9/24~10/13) 

ハイアーレート 美浦・大久保洋吉厩舎
父ゼンノロブロイ×母スルーレート/母父フレンチデピュティ 2011年2月1日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


9/24 大久保洋厩舎

24日は軽めの調整を行いました。
「少し速めの再始動ではありましたが稽古の感触も悪くなかったし、それなりにやれる手応えと期待を持って送り出したわけですが、強かったですね。夏に無理をさせず休養させたことは間違いなくこの馬のためになったでしょう。体も増えていましたが決して悪いものではなかったし、休み明けからあれだけのパフォーマンスを見せ、しかも前日のオープンとはコンマ5秒差、同日の1000万下クラスとはコンマ1秒差。展開なども違うから単純比較はできないけれど、他のクラスとの時計と比較しても高い評価を与えられるレースだったと言えるのではないかな。2月の大舞台への道がまたひとつ近づいたな(笑)。レース後の様子を見ているところですが、問題ありません。久々を使って疲れているようならば考えなおすかもしれませんが、肉体的にも精神的にも問題なさそうならばこのまま続けていきたいと思っていますよ」(大久保洋師)



10/1 大久保洋厩舎

1日は美浦坂路で追い切りました(56秒5-40秒0-27秒0-14秒3)。
先週一週間は様子を見ましたが大きな変わりはないようでしたので予定通り次の競馬へ向かっています。中2週でレジェンドジョッキーズカップ、勝てばウオッカカップと行きたいところだし、そうなるようにしっかりと調整していますよ。使ったばかりですが今週少しやっておきたかったので今朝時計を出しました。目一杯にやる必要はないので坂路3本で3本目に3ハロン40秒。実際そのくらいの時計だったのですが、ラスト1ハロンが14秒とまた極端。乗り手に聞くと、気にしないタイプなんだけれどそれにしても走りづらい状態だったから進んでいかなかったとのこと。調教時間も終盤で、今朝は特に重たい印象を持っていたから仕方ないのでしょう。しっかりケアして来週整えてレースへ向かえるようにしていきましょう」(大久保洋師)
13日の東京競馬(レジェンドジョッキーズC・ダ1600m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。



10/5 大久保洋厩舎

13日の東京競馬(レジェンドジョッキーズC・ダ1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて32頭の登録があります。



10/9 大久保洋厩舎

8日は軽めの調整を行いました。9日は美浦南Wコースで追い切りました(82秒3-66秒7-52秒4-38秒7-13秒4)。
「今週の競馬は月曜日になりますし、追い切りは木曜日に行うことにしました。同じく今週のレースを予定しているピュアソルジャーという馬と併せて動かすようにしたのですが、坂路をまずじっくりと上ってからウッドチップコースに移ってコース追いをやっています。ハイアーレートには豊を乗せて終始外を回る形。最後は若干遅れか併入くらいという感じでしたが、あまりやりすぎても仕方ないし、程よくとどめたという感じかな。見た目はもうひとつかもしれないけれど、まぁまぁでしょう。前走の内容は秀逸だと思いますし、ここでもいい競馬をしてほしいですね。楽しみにしていますよ」(大久保洋師)
13日の東京競馬(レジェンドジョッキーズC・ダ1600m)に吉田豊騎手で出走いたします。



10/13 大久保洋厩舎

13日の東京競馬では好スタートから楽に先頭へ。後続を従え直線へ向くとしぶとく粘ったが勝ち馬に交わされ2着。
「昇級初戦でしたが、最後までよく頑張ってくれたと思います。先を考えれば勝ち切りたかったのですが勝ち馬から目標にされた分、我慢しきれませんでした。今日は体も減らずにレースを向かえられましたし、この感じで次も頑張ってくれればと思います。まだ力も付ききっていませんし、これからもっと良くなる馬でしょう。次は更にいい結果を出したいですね」(吉田豊騎手)
「体が減るかもしれないなと言うのがちょっと気がかりだったんですが、増減なしで送り出せましたね。元気がいいのはいつものことだし、鞍付けは厩舎装鞍にしてあるので危ないようなことはありません。スタートが良かったし、あの形は悪くないでしょう。ただ、見ていてほんの少しだけ速いかなとは感じていたけど、なんとか押し切れるかと思ったんだけどなぁ…。ラップを見るとやはりちょっと速かったけど外枠だったし、前半でちょっと頑張った分、最後は踏ん張りきれなかったかな。それにしてもまさか河内の馬が来るとはな。人気ない馬だっただろ(苦笑)。参りました。ここを勝ってウォッカカップというのが計画だったんだけど仕方ない。できることなら間をとりつつ使った方がいいかなという気もしますから権利をうまく使いつつ、馬にあわせて程よい間隔で次走を考えましょう」(大久保洋師)
前走の圧巻とも言える競馬っぷりからクラスが上がっても期待を持てました。状態を維持して臨めましたし、絶好のスタートから前走の再現かと思いましたが、直線は楽な手応えで来た勝ち馬に屈してしまいました。悔しい限りですが、力は示していますし、次走での巻き返しに期待したいと思います。今後については様子を見つつ次走を検討していきます。



 ハイアーレート、昇級初戦は2着でした。上々の結果ですね(´ω`*)
 逃げるのがこの馬の良さを活かせる形でもあるし、逃げるとなると目標にされてしまうのも仕方のないこと。最後は勝ち馬に離されてしまいましたが、それまではしぶとく喰らいついていたし、離されてからもズルズル後退することなく2着を死守。根性のあるところ見せてくれましたね。
 元気そうに見えてもレースをしただけの肉体的なダメージはあると思うので、無理せず次走の予定を立ててもらいたいですね。
 今日は惜しかった!これからもコツコツ頑張って行けば、3勝目も見えてきそうです。次、また頑張りましょう(´ω`*)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット維持費おいくら万円?  |  ◆2013年暮れの中山で »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret