04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

キャロット【ミラクルルージュ】近況(6/29) 

ミラクルルージュ 美浦・上原博之厩舎
父メイショウサムソン×母ミラクルレイザー/母父エルコンドルパサー 2010年4月18日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載してい
ます

6/29 上原厩舎

29日の東京競馬ではややゆっくりとしたスタートになり最後方からの競馬。直線は最内を狙って伸びを見せるがまわりも止まらず10着。
「時に走りがバラバラになることがあるようでしたし、できることならハミを取って体勢を整えてトモもできる限り使えるように走らせてあげたいなと考えていました。ただ、スタートは擦るような出方になり少しモタれてスッとスピードに乗れずに後ろを立ち回ることになりました。広がるなかで大外へ持っていくのはロスが大きくなりすぎますし、一か八かの選択をしました。厩舎の方からも“本来、道悪はダメでないタイプだと思う”ということでしたし、乗っていて極端に道悪がダメでない馬ならばこなせるコンディションだったので思い切って内に行ったんです。気持ちも乗せるようにしていましたし、仕掛けて来てくれるかと思ったのですが、感覚とは異なりギアが変わってグッと伸びていこうという走りが見られませんでした。ロスなくした分だけ何頭か交わしたもので、勢いよく差を詰めていくまでには残念ながらありませんでした。息づかいに関しては、調教でゴール板過ぎから感じた荒さもレースではなく、鳴ったりすることはありませんでした。以前との比較がしづらいですが、イライラもしていましたし、気候の変化もあってか苦しい部分があったのかもしれません。騎乗依頼していただき、稽古から乗せていただいていたのに、ご期待に応えられなくて申し訳ありません」(伊藤騎手)
「今回ちょっと気になる点があったので、状態をいかにいいレベルに整えて送り出せるかを気を付けました。ただ、レース前から発汗が目立ちイライラした素振りが見受けられました。スタート後はいくらか横にモタれたのもあってか勢いがつかず後ろからになりましたし、直線は最内の経済コースを狙っていましたが少し差を詰めてくるまででした。黒い毛色の馬だし、仕方ないのでしょうが、今回ちょうど暑くなる時期の調整で堪えてしまったような気もしますから、体調を整えて次へ向かうためにもいったん立て直そうかと考えていきます」(上原師)
序盤はゆっくり進めて体力を温存し、直線は多くの馬が外目に行くなら腹を括って最内を突く戦法に出ましたが、前を交わすまでにはいきませんでした。チャンスを活かせるようにトライした今回でしたが、気温、湿度などがキツい状況に変わる頃の帰厩と調整だったので、体調がもしかしたら万全ではなかったのかもしれません。今のところ放牧を考えていますので一度立て直しを図り、体調が上向いてきたらまた巻き返しを狙っていきたいと考えています。



 東京では好走してくれていましたが、今回は大きく崩れてしまいました。
 ハイアーレート同様、こちらもレース前の調整時点での不安がレース結果に表れてしまいました。どうやらミラクルルージュも暑さに弱いのかも^^;

 レース中、直線で多くの馬が外に進路をとる中、ミラクルルージュは内に進路をとったので「おや?」と思ったんですが、考えて乗ってくれてたことがコメントからわかりました。
 いろいろ気を遣って乗ってくれたんですね。伊藤騎手、ありがとうございました(´ω`*)

 牝馬は一度調子を崩してしまうと立て直すのが難しいイメージがありますので、時間をかけてゆっくり様子を見てもらえればと思います。またいつか長い直線で切れる脚を見せてもらたいですね(´ω`*)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« ◆仕事中  |  キャロット【ステラストリーム】近況(6/28) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret