05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

キャロット【シェーンハイト】近況(5/27~6/24) 

シェーンハイト 美浦・斎藤誠厩舎
父バゴ×母ヴァイスハイト/母父アドマイヤベガ 2012年4月9日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています


5/27 NF天栄

舎飼で様子を見ています。
「今週も引き続き舎飼で安静にして様子を見ているところです。昨日も馬房から出して確認しましたが、まだ違和感があり、いい歩様とは言えない状態だったので無理はしていません。痛みが抜け、いい歩様になるには少し時間を要しそうですし、しばらくは安静にして良化を待つ形になると思います」(天栄担当者)



6/3 NF天栄

曳き運動を行っています。
今は人がつく形で曳き運動を行うようにしていますが、正直に言いますと歩様はまだ万全とは言えません。股関節の痛みを解消させるにはそれなりに時間が必要になってしまいますし、ここまでの状況からしてもちょっと時間が必要そうなので、いったん北海道に戻して回復を図ることも考えるようになると思います。ご心配とご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。馬体重は406キロです」(天栄担当者)



6/6 NF空港

6日にNF空港へ移動しました。



6/11 NF空港

軽めの調整を行っています。
天栄での状態を鑑みて、いったん北海道まで戻ってきています。歩様もいいとは言えませんし、こちらでしっかりと立て直しを図りたいと思います。まずは回復具合を見ながら進めていき、軽めの運動からスタートさせていければと思います」(空港担当者)



6/17 NF空港

曳き運動を行っています。
「しばらく様子を見てきましたが歩様も変わりありませんので、この中間も曳き運動で様子を見ています。馬体も筋肉が落ちて決していい状態とは言えませんし、引き続きじっくり接することで回復を促していければと思います。馬体重は403キロです」(空港担当者)



6/24 引退

「こちらに移動してきてからもつぶさに状態の確認を行ってきましたが、一向に良化の気配が見られません。股関節は馬体の中でも深い場所にあり、レントゲン検査を行うことが難しい部位ではありますが、時間の経過とともに見られる筋肉の落ち方やトモ脚に体重がかけられない歩様などの状況から推察するに骨盤骨折を発症している可能性が極めて高く、競走に供することは難しいと言わざるを得ません。早期入厩からゲート合格までスムーズで将来を嘱望された存在なだけに何とかしたかったのですが・・・。力になれず申し訳なく思っています」(空港担当者)
「空港牧場での育成がスムーズに進み、早期の入厩を検討できる状態ということから早いタイミングで美浦トレセンへ入れさせていただきました。競馬を目指して動かしていくとまだ幼さも感じられて、体力的にこのまま進めていくと堪えそうだったため、ゲート試験合格後はノーザンファーム天栄でまず疲れを取り、それから乗り込んで基礎体力を高めてもらうようにお願いしていました。順調であれば夏のうちのデビューも考えたかったのですが、その途中でアクシデントからトモを傷めてしまったとお詫びと報告をもらいました。天栄にも空港にも行きましたし、今日も空港牧場へ行きましたが、筋肉が極端に落ちてしまい、左右の差がはっきり分かるくらい状態が芳しくないとのことでした。当初はだいぶ時間がかかるかもしれないという話ではありましたが、これまでの様子から期間内に競馬を考えていくことは難しいだろうとの判断になりました。人に従順ですごく性格のいい仔でしたし、いい競馬をしていければと思っていたのですが、このようなことになり誠に残念です。楽しみにされていた多くの会員の皆さんのお気持ちを思うと本当に申し訳なく思います」(斎藤師)
夏前の入厩を果たし、ゲート試験をパスしてからは牧場でさらに乗り込みを進めて、可能ならば夏競馬でのデビューも検討していました。しかし、アクシデントからかトモ脚を傷めてしまい、その後の状態の推移や現状を元に考えると競馬に供することは極めて難しいと言わざるを得ません。そのような現在の状態を踏まえて斎藤誠調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念して中央競馬登録を抹消することになりました。会員の皆様には残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されています会員の方へは、後日書面をもってご案内いたします。



 こんな時期に「引退」の文字を見ることになるとは…。しかも2歳馬で。
 時間的に余裕もある時期なのに、これだけ早く引退の判断が下されるということは、それだけ良くない状態ということなのでしょう。ゲート試験も合格し、さあこれからという時のアクシデント。
 競走馬になるどころの話ではなく、普通に生活することも厳しそうに思えます。可哀そうなことをしてしまいました…。

 バゴ産駒の珍しさ、真っ黒な馬体が目を引きました。育成、入厩、ゲート試験まで順調に進み、デビューを楽しみにしていたんですが残念です。こういう形の引退は、一番悲しいなあ…。
 怪我の場所が場所だけに、今後のことも心配ですね。どうか快方に向かいますように。短い間でしたがシェーンハイト、ありがとう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット【ステラストリーム】近況(6/25&6/26)  |  ◆迷ったら負け »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret