08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

キャロット【ステラストリーム】近況(3/19~5/20) 

ステラストリーム 美浦・萩原厩舎
父ネオユニヴァース×母シーズライクリオ/母父Boundary 2011年2月5日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


3/19 NF天栄

19日にNF天栄へ放牧に出ました。



3/25 NF天栄

軽めの調整を行っています。
先週帰ってきて少しずつ動かしていますが全体的に疲れを感じさせる状態です。毛ヅヤもひと息ですし、疲れをまずケアすることからはじめて状態を上げてからまた競馬へ向かっていけるようにしてあげられればと思っています。馬体重は472キロです」(天栄担当者)



4/1 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「帰ってきた当初は疲れを感じさせたのでゆったりと動かすようにしていましたが、今週は周回コースにてじっくりキャンターで動かすようにしています。肉体面で局所的に傷みが出ているというよりは全体的に寂しさがあり、覇気が物足りないような印象なので、軽めにでも動かしつつ状態を上げていってまた競馬へ向かっていけるようにしたいですね」(天栄担当者)



4/9 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
今回帰ってきて疲れを感じさせる状態ですし、緩さも見られる体です。芯がしっかりしきれていない分、ダメージも出やすいのだと思います。トレセンでの追い切りをコンスタントにしにくくしてしまったという点では課題が残りましたし、その経験を踏まえて今回は速いところをビッシリやるというより長めの距離を入念にじっくり乗りこんで土台を少しでもしっかりさせてからピッチを上げていくようなイメージで接していくようにしています」(天栄担当者)



4/15 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
正直に言うとコンディション自体は物足りないため未勝利馬ですがもう少し時間がほしいと思える状況でもあります。ある程度はしっかりと乗り込み体を良くしてから厩舎にバトンタッチできるようにしたいと思っているところです」(天栄担当者)



4/22 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
地道に乗りこんできていますが、ちょっとだけ上向いてきたかなと感じさせてくれます。まだ、グンッと上向いてきたというレベルまでにはないのですが、この馬なりに少しずつ土台がしっかりしてきたのか帰ってきた当初よりもいいかなと思えるようになってきましたからね。この調子で地道に乗り込み良化させて競馬へ向かえるようにしていきたいと思っています」(天栄担当者)



4/30 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
じわっと乗りこみを進めてきていますが、先週に続いて良化の傾向は維持できているようには感じます。ただし、もっと良くしてあげたいというのも本音ですし、ある程度こちらでしっかりと乗りこみコンディションを整えてからトレセンへ送り出せれば理想的でしょう。萩原調教師とも相談していきますが、何とか5月中にメドを立てたいと思っているところです。馬体重は486キロです」(天栄担当者)



5/7 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
オーバーワークにならないように気をつけつつの調整ではありますがある程度思惑通りに良化を図ることができていて、状態は上向いてきていますよ。この流れを維持して乗りこんでいければ徐々に移動について厩舎に相談していけると思いますよ」(天栄担当者)



5/13 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
コンスタントに乗りこんできていて状態は上向いてきているように感じます。そろそろ移動も可能になりそうな状況になってきているように感じるため、厩舎とも相談をしているところですよ」(天栄担当者)



5/20 NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
この中間も順調ですね。コースと坂路を織り交ぜながらじっくり乗り込んできていますが、体も悪くなく、動きのほうも上々ですね。今のところ早ければ今週中トレセンへ送り出す予定もありますから、移動に備えて体調をしっかり整えていければと思っています」(天栄担当者)



 いやはや良化が超スローですね。その上、コメントに何となく切羽詰った感が漂っているように思えるのは、気のせいでしょうか?^^;
 芯の緩さを解消するには時間が足りないようですが、トレセンで調整しやすくなるように、天栄でも工夫を施してくれています。ようやく再入厩も見えてきました。
 使い込めないだけに一戦一戦が勝負になりそうです。早いところ未勝利脱出に目処を立てたいですね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« ◆2013年優駿牝馬  |  キャロット【シェーンハイト】近況(5/2~5/20) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。