03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

キャロット【グランデアモーレ】近況(12/21~4/17) 

グランデアモーレ 栗東・松田博資厩舎
父ネオユニヴァース×母ヒカルアモーレ/母父クロフネ 2010年1月25日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


12/21 松田博厩舎

21日の阪神競馬では好スタートから好位の外目を追走。そのまま直線を向いて追い出したが、半ばで脚が上がり10着。
楽に自分のリズムで走ることはできたのですが、直線半ばで急に手応えがなくなってしまいました。今日は大外枠ということも影響しましたし、前走がスムーズすぎたということもあります。こういう競馬に慣れさせていけば、また違う結果が出ると思います」(北村友騎手)
今日は残念な結果になってしまいましたが、自分のリズムでレースはできましたし、先々を考えればこうした運び方を経験していくのは大切なことでしょう。昇級初戦でもありましたから、今日の競馬を次につなげてほしいと思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。



12/25 NFしがらき

25日にNFしがらきへ放牧に出ました。



1/7 NFしがらき

軽めの調整を行っています。
レースを使ったなりの疲れは見せていますし、現状ではマシンやトレッドミルなどごく軽めの内容でリフレッシュを促しています。脚元などに気になるところがあるわけではないので、馬体の回復などを見ながら乗り運動を取り入れていきたいと思います」(NFしがらき担当者)



1/14 NFしがらき

軽めの調整を行っています。
この中間もトレッドミルなど軽めの調整内容ですが、少しずつ馬体は回復してレース時より20キロ近く戻っていますね。今後も心身の状態を確認しながらになるでしょうが、少しずつトレッドミルでのペースを速めたり、乗り運動を行ったりできるようにしていきたいですね」(NFしがらき担当者)



1/21 NFしがらき

軽めの調整を行っています。
トレッドミルでジックリと動かしながら状態の変化を確認していますが、先週もお伝えしたように馬体は増加傾向にあって悪くないですよ。精神面もこの馬なりに安定しているように思いますし、このいい流れを今後の運動メニュー開始につなげていきたいですね」(NFしがらき担当者)



1/28 NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「直近の馬体重は492キロと余裕のある状態ですし、いい傾向ですね。現状で馬体のどこかに疲れが目立っていることはありませんが、放牧直後にはそういったところが見られましたし、あまり焦って立ち上げるのではなくジックリと対応していきたいなと考えています」(NFしがらき担当者)



2/4 NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「この中間もトレッドミルでジックリと動かすようにしています。近々の競馬を考えているわけではありませんし、しっかりと下地を固めてから本格的な乗り運動を行っていきたいですね」(NFしがらき担当者)



2/12 NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「先週に引き続きトレッドミルでの調教を行っています。この期間は馬体にも余裕を持たせてしっかりとリフレッシュさせるつもりですし、もうしばらくはトレッドミル中心にじっくりと調整していきたいと思っています。体調面などは変わりなく来ていますし、馬体もふっくら見せて状態はいいですよ」(NFしがらき担当者)



2/18 NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「下地固めを念頭にこの中間もトレッドミルでの調教を行っています。徐々にですが心身ともにリフレッシュしてきているようです。この状態をさらに良くするために焦らずじっくりと進めていきたいですね。馬体重は494キロです」(NFしがらき担当者)



2/25 NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「調教を一歩進めてこの中間、トレッドミルと角馬場での乗り運動を併用して調教を行っています。時間を掛けて進めてきたこともあり、下地も徐々に固まってきているようです。このまま焦らずじっくりと進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)



3/4 NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「引き続き、トレッドミルと角馬場での乗り運動を併用して調教を行っています。馬体も見た感じふっくらして精神的にも落ち着いているようです。このまま順調に行けば次のステップに移行できそうな雰囲気ですね」(NFしがらき担当者)



3/11 NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「この中間も変りなくトレッドミルと角馬場での乗り運動を併用して調教を行っています。いい感じですね、馬体も状態も良好です。まだまだ良くなりそうなので、焦らずじっくり進めて行きます」(NFしがらき担当者)



3/18 NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「下地を固めるため引き続きトレッドミルと角馬場での乗り運動を併用して調教を行っています。見た目にも馬が良くなってきているのがわかりますね。ここまでは順調ですし、じっくりと動かしながら本格的なペースアップに備えていきます」(NFしがらき担当者)



3/25 NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「状態の良化にともない、この中間からトレッドミル調整に加えて周回コースで軽めのキャンター調整を併用しての調教を開始しました。一歩ずつですが、着実に良化が見られていますね。今朝は、ダク程度ですが坂路も上がってみました。このまま行けばそう遠くなく次のステップに移行できそうですね。馬体重は494キロです」(NFしがらき担当者)



3/31 松田博厩舎

29日に栗東トレセンへ帰厩しました。



4/2 松田博厩舎

2日は軽めの調整を行いました。
先週帰厩してからは順調に乗り出しています。馬体自体はふっくらしているけれど、鞍を外した時に背中の筋肉はまだ物足りない感じなので、しっかり乗り込んで仕上げていきたいですね。今朝はCWで15-15ぐらいをやるつもりでしたが、単走で思ったよりも遅くなったので、明日坂路で15-15をやるつもり。その後の状態を見ながらどのあたりを目標にしていくか考えます」(松田博師)



4/10 松田博厩舎

9日は軽めの調整を行いました。10日は栗東CWコースで追い切りました。
先週木曜から少し時計を出し始めましたが、それからかなり行きっぷりが良くなってしまい、普段の調教がどうしても速い時計になってしまいがちです。そうなるとこの馬のウィークポイントである背中の肉が落ちてきてしまいますし、実際少し寂しくなってきている感じなので、今週から乗り手を替えて、水曜日はCWコースをじっと我慢させました。今朝は終いだけサッと伸ばしています。気合いは乗っていますし、来週の競馬を目標に進めていく予定です」(松田博師)



4/17 松田博厩舎

16日、17日は軽めの調整を行いました。
「かなり力みが目立って行きたがっていた先週までの状況を考慮して、1週前にビッシリと追い切って、今週は普通キャンターを長めに乗り、レース前日の金曜に15-15程度の調整をする予定です。だいぶ普段の調教でも我慢が利くようになってきて、カイバもしっかりと食べてくれるので背中の肉も少しは戻ってきたように見えますね。調教の動き自体は悪くないし、この条件もいいと思いますよ。いい競馬を期待したいですね」(松田博師)
19日の阪神競馬(4歳上1000万下・ダ1400m)に岩田騎手で出走いたします。



 昨年末のレース後に放牧に出て、ひたすら軽めの調整をこなして3月末に帰厩しました。
 時間をかけて乗り込まれて、それなり良くなって帰厩したはずが、帰厩してから気難しいところが出たのか、若干調子が下降気味?燃えやすい気性というのは、難しいものですね^^;

 帰厩からレースまでの時間が短いような気もしますが、これ以上調整を続けていると調教だけで燃え尽きてしまいそうなので、一度走ってガス抜きをしてみるのもいいかもしれません。
 暴走せずに気分良く走れますように。岩田騎手がどう乗ってくれるのかも楽しみだ~(´ω`*)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット【ハイアーレート】近況(4/9~4/17)  |  ◆毛色 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret