05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

キャロット【ハイアーレート】近況(10/10~10/19) 

ハイアーレート 美浦・大久保洋吉厩舎
父ゼンノロブロイ×母スルーレート/母父フレンチデピュティ 2011年2月1日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様より許可を得て転載しています


10/10 大久保洋厩舎

9日は軽めの調整を行いました。10日は美浦坂路で追い切りました(53秒5-36秒9-24秒2-11秒9)。
今週から3本だ。10月に入ったし、そろそろ坂路3本にシフトしたいなと思っていたところだし、今週よりその内容に変えています。3本と言ってもトータルで3000mも満たないんだし、足りないくらい。時間も50分かかるかどうかというくらいだからな。まぁ、時間はいいんだが、体力もついてきたし、ちょうどいい。これからさらに鍛えていかないといけないからな。1本目はハローが入る前に乗り、明けてから2本目、そして3本目に速いところとやりました。レッドガルシアという古馬とペアを組み、相手を見ながら追いかける形。豊が乗っていたので体重差もあるでしょうが、最後しっかり動けてこの時計。1週前にしっかりやっておきたいと考えていたからこの時計できたのはいいことでしょう。デビュー前はなんだかモサモサしていたけれど、だいぶ動けるようになってきているし、いい傾向です」(大久保洋師)
19日の東京競馬(いちょうS・芝1800m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。



10/14 大久保洋厩舎

19日の東京競馬(いちょうS・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて13頭の登録があります。



10/17 大久保洋厩舎

16日は軽めの調整を行いました。17日は美浦坂路で追い切りました(54秒8-37秒8-24秒8-12秒4)。
「本当は変則日程の中でも昨日追い切ろうと思っていたのですが、台風の影響でコースが限定され、いつも使っている坂路は使えない状況になってしまったためやめておきました。レースまで中1日にはなりますが、今朝追い切りを行いましたよ。先週結構やっておいたから今日はそこまで攻め込む必要もないと思っていたし、無理のない程度に動かしました。うん、いいでしょう。前を見ながら進んで終いを伸ばす。仕掛けてからの反応もまずまずで、いくらか時計がかかりやすい馬場を考えるとこのくらいでまとめてきたのならばそれほど不満はありません。あとは無事に当日を迎えられれば、ですね。ここが試金石と言っても過言ではないかもしれないですし、もちろんいい結果を期待したいと思っています」(大久保洋師)
19日の東京競馬(いちょうS・芝1800m)に吉田豊騎手で出走いたします。



10/19 大久保洋厩舎

19日の東京競馬では五分のスタートから先行集団を進み、直線へ向かうが最後まで粘り切ることができず5着。
スタートは良かったですし、行ければ行こうかと思ったくらいですが結果的には行ききることもできず、少し中途半端な形になってしまいました。先生からは終いを活かしたほうが良かったと言われましたが、あまり切れる馬ではないですし、難しいところです。体重は成長分もあると思いますが気持ち太かったような気もします。素質は間違いなくある馬ですが今日は自分の競馬をさせてあげられませんでしたし、期待に応えられず申し訳ありません」(吉田豊騎手)
終いを活かす競馬をしてほしかったし、ちょっと馬のリズムとあってない走りになってしまったな。デビュー戦のように早めに動く意識はわかるけど、テンからけっこう行ったし、ちょっとな。今日は太目ではあったけど、いい走りをさせてあげられず申し訳ない。今日はパドック前に少し馬っけを出したくらいだし、一緒に馬を曳いたけど比較的落ち着いていたと思う。この後は馬を見ながらだけど、次はスッキリと力を出したいですね」(大久保洋師)
今日は自分の競馬とはならず全てを出し切ったレースとはなりませんでした。馬体重も増加しているようにしっかり成長していますし、ジョッキー・調教師ともに感じているように能力はこんなものではないはずです。次走では今日以上の走りを期待したいと思います。



 「これからさらに鍛えていかないといけないからな」の言葉通り、坂路を3本。坂路3本なんて、今までの出資馬には無かったパターンです。
 それでいて今日の馬体重は、プラス16キロで500キロというのだから、いやはや驚きでした^^;
 今日のレースは騎手も調教師も納得の行くものではなかったようですが、難しいところですね。
 大久保洋吉調教師は後ろから行ってもらいたかったようですが、見てる側としては吉田豊騎手の「あまり切れる馬ではないですし」というのもわかるような気がします。
 結果5着でしたが、交わされてからもズルズル後退するわけではなく、あきらめずに走れていましたからね。コツコツと力をつけて行ってもらえば、またチャンスはあるはず。
 パドックでも以前よりは落ち着いて周回できるようになったと評価をいただいたし、お!と思わせてくれる瞬間もありました。ハイアーレートよく頑張ってくれました(´ω`*)

131019ハイアーレート

131019ハイアーレート

131019ハイアーレート

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« キャロット【グランデアモーレ】近況(10/14~10/20)  |  ◆誘導馬 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret