10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

キャロット【シェーンハイト】近況(5/27~6/24) 

シェーンハイト 美浦・斎藤誠厩舎
父バゴ×母ヴァイスハイト/母父アドマイヤベガ 2012年4月9日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています


5/27 NF天栄

舎飼で様子を見ています。
「今週も引き続き舎飼で安静にして様子を見ているところです。昨日も馬房から出して確認しましたが、まだ違和感があり、いい歩様とは言えない状態だったので無理はしていません。痛みが抜け、いい歩様になるには少し時間を要しそうですし、しばらくは安静にして良化を待つ形になると思います」(天栄担当者)



6/3 NF天栄

曳き運動を行っています。
今は人がつく形で曳き運動を行うようにしていますが、正直に言いますと歩様はまだ万全とは言えません。股関節の痛みを解消させるにはそれなりに時間が必要になってしまいますし、ここまでの状況からしてもちょっと時間が必要そうなので、いったん北海道に戻して回復を図ることも考えるようになると思います。ご心配とご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。馬体重は406キロです」(天栄担当者)



6/6 NF空港

6日にNF空港へ移動しました。



6/11 NF空港

軽めの調整を行っています。
天栄での状態を鑑みて、いったん北海道まで戻ってきています。歩様もいいとは言えませんし、こちらでしっかりと立て直しを図りたいと思います。まずは回復具合を見ながら進めていき、軽めの運動からスタートさせていければと思います」(空港担当者)



6/17 NF空港

曳き運動を行っています。
「しばらく様子を見てきましたが歩様も変わりありませんので、この中間も曳き運動で様子を見ています。馬体も筋肉が落ちて決していい状態とは言えませんし、引き続きじっくり接することで回復を促していければと思います。馬体重は403キロです」(空港担当者)



6/24 引退

「こちらに移動してきてからもつぶさに状態の確認を行ってきましたが、一向に良化の気配が見られません。股関節は馬体の中でも深い場所にあり、レントゲン検査を行うことが難しい部位ではありますが、時間の経過とともに見られる筋肉の落ち方やトモ脚に体重がかけられない歩様などの状況から推察するに骨盤骨折を発症している可能性が極めて高く、競走に供することは難しいと言わざるを得ません。早期入厩からゲート合格までスムーズで将来を嘱望された存在なだけに何とかしたかったのですが・・・。力になれず申し訳なく思っています」(空港担当者)
「空港牧場での育成がスムーズに進み、早期の入厩を検討できる状態ということから早いタイミングで美浦トレセンへ入れさせていただきました。競馬を目指して動かしていくとまだ幼さも感じられて、体力的にこのまま進めていくと堪えそうだったため、ゲート試験合格後はノーザンファーム天栄でまず疲れを取り、それから乗り込んで基礎体力を高めてもらうようにお願いしていました。順調であれば夏のうちのデビューも考えたかったのですが、その途中でアクシデントからトモを傷めてしまったとお詫びと報告をもらいました。天栄にも空港にも行きましたし、今日も空港牧場へ行きましたが、筋肉が極端に落ちてしまい、左右の差がはっきり分かるくらい状態が芳しくないとのことでした。当初はだいぶ時間がかかるかもしれないという話ではありましたが、これまでの様子から期間内に競馬を考えていくことは難しいだろうとの判断になりました。人に従順ですごく性格のいい仔でしたし、いい競馬をしていければと思っていたのですが、このようなことになり誠に残念です。楽しみにされていた多くの会員の皆さんのお気持ちを思うと本当に申し訳なく思います」(斎藤師)
夏前の入厩を果たし、ゲート試験をパスしてからは牧場でさらに乗り込みを進めて、可能ならば夏競馬でのデビューも検討していました。しかし、アクシデントからかトモ脚を傷めてしまい、その後の状態の推移や現状を元に考えると競馬に供することは極めて難しいと言わざるを得ません。そのような現在の状態を踏まえて斎藤誠調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念して中央競馬登録を抹消することになりました。会員の皆様には残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されています会員の方へは、後日書面をもってご案内いたします。



 こんな時期に「引退」の文字を見ることになるとは…。しかも2歳馬で。
 時間的に余裕もある時期なのに、これだけ早く引退の判断が下されるということは、それだけ良くない状態ということなのでしょう。ゲート試験も合格し、さあこれからという時のアクシデント。
 競走馬になるどころの話ではなく、普通に生活することも厳しそうに思えます。可哀そうなことをしてしまいました…。

 バゴ産駒の珍しさ、真っ黒な馬体が目を引きました。育成、入厩、ゲート試験まで順調に進み、デビューを楽しみにしていたんですが残念です。こういう形の引退は、一番悲しいなあ…。
 怪我の場所が場所だけに、今後のことも心配ですね。どうか快方に向かいますように。短い間でしたがシェーンハイト、ありがとう。

スポンサーサイト

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

キャロット【シェーンハイト】近況(5/2~5/20) 

シェーンハイト 美浦・斎藤誠厩舎
父バゴ×母ヴァイスハイト/母父アドマイヤベガ 2012年4月9日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています


5/2 NF天栄

2日にNF天栄へ放牧に出ました。



5/7 NF天栄

トレッドミル調整を行っています。
「先週末にこちらへ帰ってきました。まずはゲートをクリアしてくれたということでしたが多少なりとも疲れが感じられて体も寂しく映りましたので、まず体を戻しながら調整を行っていこうと考えているんです。調教師からはまだ体力面で物足りなく感じる部分もあると聞いていますので、じっくり動かしていきたいと思っています」(天栄担当者)



5/13 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「先週はトレッドミルなどを用いた調整にしていましたが、今週から軽めに乗り出しました。ただし、見た目もそうですが体が細く感じますから、じっくりと動かしつつ回復を図っていったほうがいいだろうなと感じるんです。現状からも少し時間をかけて態勢を整えて具体的なことを調教師と相談していければ理想的かなと思っているところです」(天栄担当者)



5/20 NF天栄

舎飼で様子を見ています。「じっくり動かしていき体力の構築と精神面と馬体面のリフレッシュを図っていこうと考えていたのですが、先週末馬房のなかでトモ脚を捻ってしまって左の股関節を少し傷めてしまいました。おそらく何かの物音に驚いてしまったのだと思います。これから楽しみな2歳馬なのにこのようなアクシデントとなってしてしまい誠に申し訳ありません。しばらく様子を見ていき回復を促すことになると思います」(天栄担当者)



 おーまいがー!!喜びのゲート試験合格ご褒美放牧(?)が一転、股関節を傷めてしまい舎飼で様子見に…。北海道での育成から入厩、ゲート試験合格までこれ以上なく順調に進んでいましたが、好事魔多しですね^^;
 怪我の具合がどの程度のものなのか、まだはっきりとはしませんが、何となく時間がかかりそうな予感…。
 早期デビューの可能性もあっただけに残念ではありますが、体力面での不安もあるようですし、身心の成長を促せるチャンスだと思ってじっくり治してもらいましょう。

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

キャロット【シェーンハイト】近況(4/14~5/1) 

シェーンハイト 美浦・斎藤誠厩舎
父バゴ×母ヴァイスハイト/母父アドマイヤベガ 2012年4月9日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています


4/14 NF天栄

ここまで順調に調整が進んでいることから14日にNF天栄へ向けて移動しました。この後は体調を見ながらトレセン入厩に向けて態勢を整えていきます。移動までは週3日900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしていました。馬体重が減ることも少なくなり、坂路コースの動きを見るとだいぶ余裕が感じられるようになってきました。順調にハロンペースを詰めることができていましたし、一先ず本州移動に向けての態勢は整ったと言えるでしょう。早い時期での出走に向けて進めていければと考えています。



4/18 斎藤厩舎

18日に美浦トレセン・斎藤誠厩舎へ入厩しました。



4/23 斎藤厩舎

23日はゲート練習中心のメニューを行いました。
「先週の金曜日に入厩させていただきました。北海道から天栄を経由してこちらへ入ってきましたが体調を崩すようなこともなく順調に来れていましたよ。体つきなどを見ると2歳馬らしい幼い印象もありますし、先を見越しながら大事にやっていきたいと思っています。まずはゲート試験合格が最初の目標となりますので、そこを考えて調整を開始していますが、今のところお利口で順調ですね。目立った癖も出さないですし、入りも駐立もこなしてくれていますよ。あとはしっかりと出られるようにしていくことがメインになるでしょうし、馬の様子に合わせながら練習を重ねていって合格を目指していきます」(斎藤師)



4/30 斎藤厩舎

30日はゲート練習中心のメニューを行いました。
「先週から始めているゲート練習ですが、順調に来れていますね。まだ芯がしっかりしきれていないため追い込まないよう気をつけつつ練習するようにしていますが、気がいいこともあって出ることは問題ないところまで来ていますね。この調子ならば近々ゲート試験を受けることもできると思います。ただ、タフな馬場になってきているということもあるのでしょうが、坂路などを普通キャンターで動かしているだけでもやや一杯になるんです。まだ競馬を考えていけるだけの十分な体力は備わりきれていないのかもしれませんので、先を見据えて対応していければ理想的と思っています」(斎藤師)



5/1 斎藤厩舎

1日にゲート試験を受けて無事合格しました。
「昨日の練習の感触が良かったですし、今朝の馬の様子も問題なさそうだったのでさっそく試験を受けてみることにしました。3歳馬と同じ2歳馬と3頭で試験に臨んだのですが、真ん中にいたシェーンハイトが頭一つ前に出るようなスタートを決めるくらいで問題なく合格をもらえましたよ。最初の課題を無事に突破してくれましたね。まだ幼いのでこのままデビューまで行くのはちょっと厳しいかなと思ってはいましたが、もう少し変化も見られればと思っていたので当初は週末に15-15くらいをちょっとやってみてから判断したいなと思っていたのですが、今日の調教後の様子を見ていると思った以上に疲れたような感じだったから、あまり引き延ばすのも良くないかなと思いました。早く対応してあげることで回復も早くなり、以後の調整も進めやすくなるでしょうから、無理せず一度放牧に出したいと思います」(斎藤師)



 すでに入厩を済ませて、ゲート試験まで合格!想像以上のスムーズさ(´ω`*)
 北海道から斎藤厩舎へ入厩まで、とんとん拍子に進みましたね~。問題らしい問題もなく、無事にゲート試験合格まで果たしてくれました。
 環境の変化やゲート練習もあり、それなりに疲れも溜まっているでしょう。まだ体力もつき切っていないようですし、放牧に出るのは良いんじゃないでしょうかね~。
 放牧先でたくましくなって戻ってきて下さい(´ω`*)

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

キャロット【シェーンハイト】近況(1/17~3/31) 

シェーンハイト 美浦・斎藤誠厩舎予定
父バゴ×母ヴァイスハイト/母父アドマイヤベガ 2012年4月9日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています


1/17 NF空港

馬体重:430kg 
年末年始も問題なく過ごしており、この中間も順調に乗り込んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ハロン17秒台の調整をスタートしていますが疲れを見せる素振りもなく、普段の様子から精神面の方もだいぶ大人になりつつあることが感じられます。周りを気にすることなく調教を進められていますし、順調の一言でしょう。



1/31 NF空港
140131ヴァイスハイトの12

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ハロン17秒ペースで問題なく乗り込みを継続できており、ここまでの過程は順調そのものです。気性面は安定していますが、この血統ということもありますので無理はさせずにこれからも様子を見ながら進めていく方針です。




2/14 NF空港

馬体重:419kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。以前よりも集中力が増してきたことで坂路コースでの走りが変わってきました。ハロン17秒までのキャンターではだいぶ安定感も増し、ストライドも伸びてきています。馬体も無駄肉が落ちてきて、今後のペースアップにも十分対応できる体つきに変わってきています。



2/28 NF空港
140228シェーンハイト

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。見た目の印象はだいぶ良くなってきましたが、それでも更に力強さが欲しいところです。ただ、全体的にはここまでスムーズに進めることができていますし、これまでと同様の感じで日々鍛えていけば早い時期からのデビューも十分視野に入れていけそうな感触です。




3/14 NF空港

馬体重:422kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。すでにハロン16秒ペースを中心に進めていますが、余裕をもって走ることができています。カイバ喰いなどを見ても体調面の心配はなさそうですし、いい状態でここまで推移していることが窺い知れます。今後も問題なく進めていくことができそうですので、しっかり対応していきたいと思います。




3/31 NF空港
140331シェーンハイト

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。速めの時計でしっかり乗り進めることができており、動きに不満な点はありません。いい成長を遂げて馬体が安定してきたことで調教時、特にフラットワークを行う際の動きが大きくなってきています。いい形できていますし、この分ですと早い時期からの始動も見込めそうです。




シェーンハイト Schonheit(独語)
馬名の意味・由来 「美」の意。美しい勝ち方をして欲しい願いを込めて。母名より連想。


 バゴ産駒といえば、ビコーペグー(´ω`*)
 ヴァイスハイトの12も母名からの連想ですね。すぐにドイツ語だとわかる響きで、頭にも入りやすかったです。名付け親さん、ありがとうございます(´ω`*)

 シェーンハイトもルージュバックに負けず劣らずの軽量。419キロという数字を見た時は、無駄肉どころか必要な肉も一緒に落ちてしまったんじゃないかと思ったぐらいですよ…^^;
 身が軽そうなので脚元に悩まされることは無さそうですが、それにしてももうちょっと大きくなって欲しいですね~。

 1/31更新の「この血統ということもありますので」云々の意味が私にはよくわからないので、それもちょっと気がかりではありますが、その後の更新を見ると気にするほどのことでもないんかな?^^;
 始動が早そうなのは大いに楽しみなので、今後も何事もなく進んでもらいたいと思います(´ω`*)

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

キャロット【40.ヴァイスハイトの12】近況(8/31~12/26) 

40. ヴァイスハイトの12 美浦・斎藤誠厩舎予定
父バゴ×母ヴァイスハイト/母父アドマイヤベガ 2012年4月9日生
※近況記事及び写真は、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています


8/31 NFイヤリング
130831ヴァイスハイトの12
馬体重:430kg 
体高:150.5cm 
胸囲:178.5cm 
管囲:20.3cm



9/10 NF空港

10日にNFイヤリングからNF空港へ移動しました。




9/30 NF空港
130930ヴァイスハイトの12

馬体重:427kg 
NF空港移動までは順調に夜間放牧を行っていました。現在は騎乗馴致に備えて、鞍を付けてのウォーキングマシンでの運動をこなしています。夏場にしっかり夜間放牧を行えたことから、しっかり基礎体力が養われ逞しい馬体へと成長してきました。洗い練習では気の強さを見せる場面もありましたが、今ではしっかり物事を理解して順調に進められています。今後は徐々に騎乗運動へと移行していきます。




10/31 NF空港
131031ヴァイスハイトの12

馬体重:420kg 
初期馴致を無事に終えており、現在は角馬場での運動を行っています。当初は環境の変化に戸惑ったものの、今ではリラックスして日々の運動を行えるようになってきています。まだ非力な面こそありますが、動きからは素軽そうな印象を受けます。乗り込みながら鍛えていくことができそうな雰囲気がありますし、早期からのデビューを目指して取り組んでいきたいと思います。




11/29 NF空港
131129ヴァイスハイトの12

馬体重:433kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン22秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。力を付けてくるのはもちろんこれからですが、現状からすると比較的早めに動けそうなタイプのように見えます。少々、神経質なところもありますが問題になることはなく、普段は落ち着いていることがほとんどです。時期を見て徐々に坂路コースでの負荷を高めていく考えです。




12/26 NF空港
131226ヴァイスハイトの12

馬体重:422kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン20~18秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。坂路コースでのキャンターにも馴れてきたようで走りに対する集中力も徐々に身についてきました。まだ幼さは見え隠れしますが、調教の刺激により環境の変化には順応しているのがわかります。今後は基礎体力の向上を更に目指して乗り込みを続けていきます。



 こちらも至極順調。今の時点での見立てでは、比較的早めに動けそうとの評価もいただきました。これは楽しみ。
 着実に調整が進んでいる証拠でもあるのか、若干体重が減少気味なので、もう少し大きくなってもらいたいところですね~。まあ、それも今後の成長に期待しましょう(´ω`*)

テーマ: 一口馬主

ジャンル: ギャンブル

[edit]

trackback: -- | comment: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。